小窪千早

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小窪 千早
(こくぼ ちはや)
生誕 1974年
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
研究分野 政治学
研究機関 京都大学
日本国際問題研究所
静岡県立大学
出身校 京都大学法学部卒業
京都大学大学院法学研究科
修士課程修了
京都大学大学院法学研究科
博士後期課程単位取得退学
主な業績 ド・ゴール政権期を中心とする
現代フランス政治外交研究
欧州連合政治の研究
欧州連合および
北大西洋条約機構
安全保障政策の研究
プロジェクト:人物伝

小窪 千早(こくぼ ちはや、1974年 - )は、日本政治学者フランス現代政治欧州統合・欧州の外交安全保障)。学位修士(法学)京都大学1999年)。静岡県立大学国際関係学部講師大学院国際関係学研究科講師。

京都大学大学院法学研究科助手財団法人日本国際問題研究所研究員などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1974年に生まれた[1]京都大学に進学し、法学部にて学んだ[1][2]1997年3月、京都大学を卒業した[1][2]。それにともない、学士(法学)学位を授与された[1]。そのまま京都大学の大学院に進学し、法学研究科にて学んだ[1][2]1999年3月、京都大学にて大学院の修士課程を修了した[1][2]。それにともない、修士(法学)の学位を授与された[1][3]。また、1999年から2000年にかけてフランスに留学し、パリ第八大学にてヨーロッパ学研究院の普通教育課程で学んだ[1]。なお、2002年7月から2004年6月まで、平和・安全保障研究所の奨学プログラムの奨学生となっていた[1]2003年3月、京都大学にて大学院の博士後期課程を単位取得退学した[1][2]

研究者として[編集]

大学院修了後、2003年4月から2004年3月にかけて、母校である京都大学の大学院にて、法学研究科の助手を務めた[1][4]。2004年4月財団法人である日本国際問題研究所に転じ、研究員となった[1][4]。日本国際問題研究所では、主として欧州研究するプロジェクトに携わった[1]。なお、2005年4月から2006年3月まで、九州大学にて客員助教授を務めた[1]。また、2006年5月からは、東京電機大学にて講師非常勤で務めた[1]。2009年度一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻客員教授。2010年3月、日本国際問題研究所を退職した[5][4]

2010年に静岡県立大学に転じ、国際関係学部の講師に就任した[4]。国際関係学部においては、主として国際関係学科の講義を担当した[6]。また、静岡県立大学の大学院では、国際関係学研究科の講師を兼務することとなった[4]。国際関係学研究科においては、主として国際関係学専攻の講義を担当した。なお、2013年6月20日から2014年6月19日まで、政策研究大学院大学の政策研究センターにて客員研究員を務めた[7]。その後、2014年6月20日から2015年6月19日までの予定で、同職に再任された[7]

研究[編集]

専門は政治学であり、フランス現代政治欧州統合、欧州の外交安全保障など[8]国際政治学国際関係学にかかわりの深い分野を研究している。具体的には、シャルル・ド・ゴール共和国大統領として率いたド・ゴール政権をはじめとする、現代フランス政治外交について研究している[9]渡邊啓貴によるド・ゴールの伝記に対する書評の中で、「民主主義におけるリーダーのあり方や、現実理想の間での国家の外交のあり方を考えるうえで」[10]「ドゴールの生涯は、日本人にとっても大いに示唆を与えてくれる」[10]と論じている。また、ヨーロッパ連合の政治についても研究している[9]。加えて、ヨーロッパ連合や北大西洋条約機構においての安全保障政策についても研究している[9]。それらの研究で得られた知見を、広瀬佳一吉崎知典が編著を担当した書籍に寄稿するなど[11]、複数の学術書や専門書、学術誌などにおいて発表している。また、ウィリアムソン・マーレーマクレガー・ノックス、アルヴィン・バーンスタインの3名が編著を担当した『戦略の形成――支配者、国家、戦争』の翻訳に参画し、ロバート・A・ダウティの論文の訳を担当するなど[12]、学術書や専門書の翻訳も手がけている。

学術団体としては、日本国際政治学会国際安全保障学会、日仏政治学会、日本EU学会、戦略研究学会などに所属している[13]

略歴[編集]

書籍[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「研究スタッフ」『staff_kokubo-20100331 - PukiWiki日本国際問題研究所
  2. ^ a b c d e 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  4. ^ a b c d e 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ 「研究スタッフ」『staff_kokubo - PukiWiki日本国際問題研究所
  6. ^ 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  7. ^ a b 「小窪千早」『小窪 千早 | GRIPS Research Center政策研究大学院大学
  8. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  9. ^ a b c 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  10. ^ a b 小窪千早「フランスにとってのシャルル・ドゴール――『国父』の事蹟を客観的に等身大で描いた詳細な評伝」『図書新聞』3131号、図書新聞、2013年10月19日、3面。
  11. ^ 小窪千早「フランスのNATO政策とその展開」広瀬佳一・吉崎知典編著『冷戦後のNATO――“ハイブリッド同盟”への挑戦』ミネルヴァ書房2012年
  12. ^ ロバート・A・ダウティ、小窪千早訳「安全の幻想」ウィリアムソン・マーレーマクレガー・ノックス・アルヴィン・バーンスタイン編著、石津朋之・永末聡監訳、歴史と戦争研究会訳『戦略の形成――支配者、国家、戦争』下巻、中央公論新社2007年
  13. ^ 「所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学

関連人物[編集]

関連項目[編集]