小笠公韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小笠 公韶(おがさ こうしょう、1904年12月16日[1] - 1985年9月13日)は、参議院議員(1期)。衆議院議員(5期)。岸派

略歴[編集]

1929年東京帝国大学経済学部卒業後、商工省入省[2]

1950年中小企業庁長官。

1952年第25回衆議院議員総選挙徳島県全県区自由党から出馬するが、落選。1953年第26回衆議院議員総選挙で初当選。以後5期務める。1957年第1次岸改造内閣通商産業政務次官。1958年第2次岸改造内閣内閣官房副長官1969年第32回衆議院議員総選挙で落選。

参議院にくら替えし、1971年参議院議員通常選挙徳島県選挙区で、三木與吉郎(参議院議員3期、衆議院議員1期、元徳島市長三木俊治の父)の後継者として、三木武夫の推す自民党公認の伊藤薫を破り、当選(無所属)。

1985年、死去[2]

元秘書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』49頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』261頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。