小笠原信秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原 信秀(おがさわら のぶひで、寛文元年(1661年) - 元禄6年7月22日1693年8月23日))は、越前勝山藩初代藩主・小笠原貞信の次男。正室は掛川藩主・井伊直武の娘。子は信辰(長男)、娘(高木衛貞室)、娘(高木守勝正室)。通称・大膳。

延宝7年(1679年)、兄の清信廃嫡され、代わって嫡子となり徳川家綱に初御目見する。しかし、家督相続前の元禄6年(1693年)に夭逝した。代わって長男の信辰が嫡子となり、のちに家督を相続した。