小笠原信辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
小笠原 信辰
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享3年2月16日1686年3月10日
死没 享保21年2月28日1736年4月8日
別名 大学(通称)、河内入道
戒名 法専院殿一祐愚入大居士
墓所 福井県勝山市の開善寺
官位 従五位下、駿河
幕府 江戸幕府
越前勝山藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原信秀、養父:小笠原貞信
正室:水野忠直の娘
信房、娘(小笠原信成正室)
養子:小笠原信成

小笠原 信辰(おがさわら のぶとき)は、越前勝山藩の第2代藩主。信嶺系小笠原家4代。

生涯[編集]

貞享3年(1686年)2月16日、小笠原信秀越前勝山藩主・小笠原貞信の次男)の長男として江戸で生まれる。元禄15年(1702年)に祖父の貞信が隠居したため、祖父の養子として家督を継いだ。しかし実権は祖父の貞信がなおも握っており、さらに家督をめぐっての内紛も起こるなど、治世当初から混乱が起こった。

さらに元禄16年(1703年)、宝永3年(1706年)、正徳元年(1711年)、正徳5年(1715年)など連年にわたって大坂加番に任じられた上、江戸屋敷の焼失や公家接待の饗応役、勝山城の築城などの出費が重なって藩財政が苦しくなった。

享保4年(1719年)には病に倒れて藩政を執ることが困難になったため、享保6年(1721年)4月25日に家督を養子の信成に譲って隠居し、河内入道と号した。その後は白山温泉で療養していたという。享保21年(1736年)2月28日に勝山で死去した。享年51。

開善寺の墓(左)。中央は信成、右は信胤の墓。