小笠原宏樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原 宏樹(おがさわら ひろき、1954年 - )は、日本作家

人物・来歴[編集]

長野県で生まれ、中学・高校と山岳部に所属して八ヶ岳飛騨山脈を遊び場同然に育った。ロブサン・ランパ(シリル・ヘンリー・ホプキンズ)著の奇書『第三の眼』を読みチベット仏教に興味を覚え、龍谷大学に進学して仏教学を学ぶ。同大学院修士課程修了後、高校教諭・団体職員・博物館学芸員を経て文筆家となる。宗教への関心や障害児の親として、環境問題に強い関心を抱き、NPO法人シンプルライフ普及センター立ち上げに参画。現在は同法人の専務理事事務局長としても活躍中。

著書[編集]

単著[編集]

  • 生江孝之』(シリーズ福祉に生きる29)大空社、1999年11月刊行、ISBN 4756809081

共著[編集]

  • 谷口研語編『歴史が教えるエコライフ1(生活編)』省エネルギーセンター、2001年12刊行、ISBN 4879732389
  • 谷口研語編『歴史が教えるエコライフ2(技術編)』省エネルギーセンター、2002年4月刊行、ISBN 487973246X
  • 谷口研語編『歴史が教えるエコライフ3(風土編)』』省エネルギーセンター、2002年6月刊行、ISBN 4879732389
  • 火坂雅志編『実伝 直江兼続 』 (角川文庫) 角川書店、2008年12月刊行、ISBN 4043919042
  • 新人物往来社編『歴史を動かした日本史有名人の名言120』(新人物文庫)新人物往来社、2011年刊行、ISBN 4404039751
  • 『マイクロソフト・エンカルタ総合大百科』の宗教、日本史項目など。