小笠原忠春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小笠原 忠春(おがさわら ただはる、大正2年(1913年2月19日 - 昭和51年(1976年5月27日[1])は、小笠原伯爵家第31代当主。第30代当主小笠原長幹長男。

弟に小笠原忠幸小笠原長丕養子)、小笠原忠統、妹に鞠子(伊達興宗夫人)他。子に忠利、忠明。

法政大学に学ぶ。1935年(昭和10年)3月、父長幹の死去により、家督を相続する。1944年(昭和19年)に隠居し、三弟の忠統に家督を譲る。次弟の忠幸はすでに旧安志藩の小笠原子爵家を継いでいたため、忠統が忠春の後継となった。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.340

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
小笠原長幹
伯爵
小倉小笠原家第3代
1935年 - 1944年
次代:
小笠原忠統