小笠原忠統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小笠原 忠統(おがさわら ただむね、1919年大正8年)8月6日[1][2] - 1996年平成8年)5月10日[3])は、小笠原家第32代当主。伯爵長野県松本市立図書館長、相模女子大学教授を務めた。

兄に小笠原忠春(第31代当主となるがのちに分家)、小笠原忠幸小笠原長丕養子で分家の小笠原子爵家14代)、姉に明子(多久龍三郎夫人)、妹に鞠子(伊達興宗夫人)。子に小笠原長雅

略歴[編集]

小笠原長幹の三男として生まれる。東京帝国大学文学部卒業。昭和19年(1944年)、長兄の忠春が当主を辞して分家した。次兄の忠幸はすでに分家を継いでいたため、忠統が小笠原伯爵家の家督を継いだ。

代々小笠原家の当主だけに伝えられてきた小笠原流礼法の封印を解き、広く一般に普及するよう、門弟の育成、講演、執筆などに熱心に取り組んだ。また、総領家が代々藩主であった小倉藩茶道小笠原古流の家元にも就任した。

墓所は多磨霊園

小笠原流礼法における忠統の功績[編集]

江戸幕府の公式作法でもあった「小笠原流礼法」の奥義は代々門外不出とされていたが、それ故に流儀が世間に誤解されていく風潮があった。忠統はこれを憂い「作法とは形ではなく、本来は相手を思いやるこころである」という真の小笠原流礼法を世に広めることとし、著書、テレビ出演のほか、門弟を多く抱え、後生の育成に努めた。

その教えと学校法人東京聖徳学園の教育理念が通ずることから忠統は礼法の指導に携わり、小笠原流礼法は同学園の教育課程に組み込まれ、現在に至る。1994年、実姉(村雲御所瑞龍寺十二世門跡、小笠原日英尼公)の真孫にあたる小笠原敬承斎を副宗家に指名。没後、敬承斎が宗家となり、その遺志は受け継がれている。

忠統の実子であり長男の小笠原総領家第33代当主小笠原長雅は、小笠原家茶道古流の家元となっている。

著書[編集]

  • (対談)『見えざる左手―ものいわぬ社会制度への提言』著:大路直哉 三五館(1998年10月1日)
  • 『恥をかかない 和食マナーの手帳』 小学館(1996年12月)
  • 『日本人の礼儀とこころ』(1994年)
  • 『図解小笠原流礼法入門(上・下)』監修:小笠原忠統 日本文芸社(1991年5月)
  • 『美しいマナー読本』(1989年)
  • 『小笠原流 いい女の礼儀作法』 広済堂出版(1989年6月)
  • 『知っておきたい礼儀作法』 (ニュー・ライフ・ブックス)文化出版局(1984年10月)
  • 『小笠原流 礼儀作法入門』 大和山出版社(1984年1月)
  • 『母と子のための小笠原流礼儀作法』 大和山出版社(1984年1月)
  • 『すてきな母親すてきなこども』(1982年)
  • 『小笠原流礼法入門』 中央文芸社(日本文芸社、1981年11月)
  • 『小笠原礼書七冊 復刻版』(1973年)
  • 『小笠原礼書』(1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.340
  2. ^ 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.126では8月9日。
  3. ^ 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.126
日本の爵位
先代:
小笠原忠春
伯爵
小倉小笠原家第4代
1944年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)