小笠原清信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小笠原 清信(おがさわら きよのぶ、万治3年(1660年)- 正徳6年2月16日1716年3月9日))は、越前勝山藩初代藩主・小笠原貞信の長男。幼名・新五郎。

信嶺系小笠原家の嫡子として生まれ、延宝3年(1675年)に徳川家綱に初見する。しかし延宝7年(1679年)に廃嫡された。嫡子の座は、次弟の信秀が継いだ。正徳6年(1716年)に没した。