小笠原長宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小笠原 長宣(おがさわら ながのぶ、寛永8年(1631年) - 寛文3年1月10日1663年2月17日))は、豊前国小倉藩の世嗣。初代藩主・小笠原忠真の次男。母は本多忠政の娘・亀姫。正室は松平乗寿の娘。官位は従五位下、大和守。

正保3年(1646年)、兄の長安が廃嫡されたため嫡子となり、同年叙任する。しかし、家督を継ぐことなく寛文3年(1663年)に33歳で死去した。代わって異母弟の忠雄が嫡子となり、家督を継いだ。