小笠原長庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小笠原 長庸(おがさわら ながつね、享保7年(1722年)- 延享元年7月6日1744年8月13日))は、遠州掛川藩の第2代藩主。忠知系小笠原家6代。

小笠原家一門で5000石を領した旗本・小笠原長丘の次男。母は姉小路公量の娘。正室は小笠原長煕の次女。子に小笠原長恭(長男)、鍋姫(小笠原貞顕正室)、娘(北条氏彦正室)、娘(九鬼隆貞継々室)。官位は従五位下。山城守。幼名は久次郎。

元文2年(1737年)6月8日、先代藩主・小笠原長煕の婿養子となる。元文4年(1739年)4月16日、養父・長煕の隠居により後を継いだ。延享元年(1744年)7月6日、掛川にて23歳の若さで死去し、跡を長男の長恭が継いだ。法号は竜山崇吟詳雲院。墓所は愛知県豊橋市臨済寺