小笠原長弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小笠原長弘
時代 室町時代後期(戦国時代
生誕 不詳
死没 長享3年2月11日1489年3月13日[1]
戒名 普安道賢院殿
官位 上総介
幕府 室町幕府
主君 足利義政義尚
氏族 清和源氏義光流石見小笠原氏
父母 父:小笠原長直[2][3]
兄弟 長弘、女(高橋久光室)[3]、女(吉見氏の室)[3]
三善氏の娘[2]
長正[3]

小笠原 長弘(おがさわら ながひろ)は、室町時代後期(戦国時代)の武士石見国邑智郡河本郷(現在の島根県邑智郡川本町)の温湯城を本拠とする国人石見小笠原氏の第9代当主。

生涯[編集]

石見小笠原氏第8代当主・小笠原長直の嫡男として生まれる。

寛正2年(1461年11月13日に父・長直が死去し[1]、その後を継いだ。

文明2年(1470年)と文明8年(1476年)の2度に渡り、石見国邑智郡君谷周辺において佐波秀連と戦う。

長享3年(1489年2月11日に死去[1]。嫡男の長正が後を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 長江寺過去帳』
  2. ^ a b 『萩藩諸家系譜』114-115頁。
  3. ^ a b c d 『川本町文化財シリーズⅤ 石見小笠原氏史と伝承』32頁。

参考文献[編集]

先代:
小笠原長直
石見小笠原氏当主
1461年 - 1489年
次代:
小笠原長正