小笠原長恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
小笠原 長恭
時代 江戸時代中期
生誕 元文5年(1740年
死没 安永5年5月29日1776年7月14日
改名 土丸(幼名)→長恭
戒名 茲雲院殿本源崇徳大居士
墓所 東京都文京区本駒込の龍光寺
官位 従五位下、佐渡守、能登
幕府 江戸幕府
遠江掛川藩主→陸奥棚倉藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長庸
正室:小笠原忠基の養女(小笠原忠貞の娘)
長堯、長富、長英(三男)、
光子(板倉勝意正室のち織田信浮継々室)

小笠原 長恭(おがさわら ながゆき)は、遠江掛川藩の第3代藩主。のち陸奥棚倉藩の初代藩主。忠知小笠原家7代。

生涯[編集]

元文5年(1740年)、掛川藩第2代藩主・小笠原長庸の長男として生まれる。延享元年(1744年)に父が死去したため、家督を継いで掛川藩の第3代藩主となる。しかし若年の上、藩内において日本左衛門と名乗る盗賊による横行を取り締まることができなかったためとして、延享3年(1746年)9月25日、陸奥棚倉藩へ懲罰的な移封を幕府より命じられた。

寛延2年(1749年)2月、隣の天領白川郡において百姓が代官を殺害するという戸塚騒動が起こると、幕命により藩軍を送って鎮圧している。藩財政が苦しかったため、殖産興業政策を推進し、特に製陶を奨励したが、棚倉鹿の子焼は長恭が創始したものとされている。

安永5年(1776年)5月29日に死去。享年37。跡を長男の長堯が継いだ。