小笠原長煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
小笠原 長煕
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年4月16日1690年5月24日
死没 宝暦2年3月21日1752年5月4日
戒名 乾享院殿貞山崇元大居士
墓所 東京都文京区本駒込の龍光寺
官位 従五位下、壱岐守、佐渡守、山城
幕府 江戸幕府
武蔵岩槻藩主→遠州掛川藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長重
兄弟 長道、長煕
正室:松平頼貞の娘)
次女(小笠原長庸正室)
養子:長賢長庸

小笠原 長煕(おがさわら ながひろ)は、武蔵岩槻藩の第2代藩主。のち遠州掛川藩の初代藩主。忠知系小笠原家5代。

生涯[編集]

岩槻藩初代藩主・小笠原長重の次男。宝永7年(1710年)5月18日、父の隠居により跡を継いだ。宝永8年(1711年)2月11日、岩槻から掛川に移封される。その後は掛川藩の藩政確立に尽力し、享保7年(1722年)には大井川天竜川の治水工事を行なっている。元文4年(1739年)4月16日、婿養子の長庸に家督を譲って隠居し、宝暦2年(1752年)3月21日に63歳で死去した。