小笠原長貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
小笠原 長貴
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年7月6日1793年8月12日
死没 天保11年3月8日1840年4月10日
改名 土用犬丸(幼名)、長貴
戒名 瑞竜院殿春沢宗仁大居士
墓所 福井県勝山市の開善寺
東京都台東区松が谷の海禅寺
官位 従五位下、相模
幕府 江戸幕府 奏者番若年寄
越前勝山藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長教、母:中川久貞の娘
正室:酒井忠道の娘
貴富、長保、長満、川勝広運長守
娘(森長国正室)、娘(屋代忠規正室)

小笠原 長貴(おがさわら ながたか)は、越前勝山藩の第7代藩主。信嶺系小笠原家9代。

経歴[編集]

寛政5年(1793年)7月6日、第6代藩主・小笠原長教の長男として生まれる。寛政11年(1799年)に父が死去したため家督を継いだ。しかし家督相続の年に勝山城下で大火が起こり、享和3年(1803年)には江戸藩邸が火事で焼失する。文化8年(1811年)には天候不順が原因で凶作となり、領内で打ちこわし(大杉沢騒動)が起こった。文化11年(1814年)には百姓一揆が起こり、天保期には天保の大飢饉で大被害を受け、それが原因で天保7年(1836年)に打ちこわしが起こっているなど、藩政は多難続きであり、藩財政は悪化した。

文化13年(1816年)7月から12月まで奏者番を務め、文政12年(1829年)から天保11年(1840年)まで若年寄を務めるなど、要職を歴任している。天保11年(1840年)3月8日に死去した。享年48。跡を六男の長守が継いだ。

開善寺の墓(左)。右は貞信の墓。