小笠原長隆 (信濃小笠原氏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小笠原 長隆(おがさわら ながたか、生年不明 - 天正9年(1581年)4月)は戦国時代の武将。通称は又次郎、右馬助。徳川家康上杉謙信に仕えた。小笠原長時の長男で小笠原貞慶の兄。小笠原貞頼の父とされるが不明。母は仁科盛能の娘。

生涯[編集]

父や弟とともに京都三好氏の元に寄寓した後、元亀2年(1571年)3月、一族の遠江高天神城城主・小笠原長忠(信興)が武田信玄に攻められた際は救援に向かい、城を守備した。その後は越後の上杉氏を頼り(『謙信公御書集』)、天正9年(1581年)4月、越中富山の戦いで織田信長の家臣・佐々成政らの連合軍に敗れて戦死した。

参考文献[編集]