小篠敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小篠 敏
時代 江戸時代
生誕 享保12年(1727年
死没 享和元年10月8日1801年11月13日
別名 敏(名)、十介・道沖・大記(通称)、轡竜・徳卿(字)、東海・筱舎(号)
墓所 浜田市真光町観音寺
主君 松平康福康定康任
石見浜田藩
氏族 田淵氏、小篠氏
父母 田淵玄統、小篠秀哲
柳瀬方塾孫
二宮彦可、犬飼知足、小野寺成美、小篠紀

小篠 敏(おざさ みぬ)は江戸時代儒学者国学者遠江国浜松出身。山脇東洋漢学谷川士清垂加神道新井白蛾易学、松崎観海に古文辞学本居宣長に国学を学び、石見浜田藩に医学・儒学をもって仕えた。長男二宮彦可は整骨医。

名前[編集]

姓の小篠は「おざさ」と読むが、友人蓬莱尚賢には「しの」とも呼ばれている[1]下総国匝瑳党小匝瑳氏に由来し、浜田市金城町に小笹(おざさ)という字がある[2]

通称は道沖といい、寛政2年(1790年)任官に当たって大記と改称した[3]。名は敏といったが、幕府の忌諱に触れるため、字の轡竜で代用していたところ、本居宣長により「敏」の呉音ミヌから「御野」の字を与えられた[4]。出身地に因んで東海とも号した[4]

生涯[編集]

享保12年(1727年)遠江国浜松大工町に田淵玄可の次男として生まれた[5]。故郷で国学古文辞学等の薫陶を受け、京都山脇東洋漢学伏見で稲田大進に瘍医学を学んだ[6]。若くして谷川士清垂加神道を学び[7]、20代には京都で新井白蛾易学を学んだ[8]白須賀神明宮内藤兵庫とも交流して、臼井帯刀流神道を学んだ[9]

宝暦2年(1752年)石見浜田藩医小篠秀哲の養子となり、明和2年(1765年)5月25日跡を継いだ[10]。藩主松平康福に儒学の才を認められてしばしば参勤交代に随行し[11]江戸で松崎観海に古文辞学を学んだ[12]。康福の古河藩岡崎藩転封に従い、明和6年(1769年)11月18日浜田に帰着した[11]

安永4年(1775年)松崎観海と死別すると、代わって本居宣長と交流を深め、国学に傾倒した[13]。安永8年(1779年)同僚と国学研究会を立ち上げ[14]、自宅奥の間に祭壇を設けて舎人親王太安万侶を祀った[15]。安永9年(1780年)『源氏物語』を好んだ松平康定の命で松坂に派遣され、本居宣長に入門して1年間講義を受けた[16]。帰国後自宅に藩校を設立し[17]、『学記』に因み長善館と名付け[12]、国学・漢学のほか、弓術・剣術も指導した[17]

天明4年(1784年)春所用のため肥前国長崎を訪れ、夏松坂に滞在した[18]。同年鈴木梁満が宣長に入門すると、以前から悪名高い人物だと訴え、天明6年(1786年)10月破門させた[19]。天明6年(1786年)春長崎を再訪し、太宰府天満宮筥崎八幡宮宇美八幡宮を参詣した後、夏松坂に滞在した[18]。天明8年(1788年)秋山根信満と長崎に行き、オランダ人を相手に「オヲ所属弁」の検証を行った[20]

寛政2年(1790年)左眼を失明した[3]。寛政3年(1791年)儒臣に取り立てられ、100石を給された[21]。寛政5年(1793年)8月14日養子行蔵に家督を譲り、隠宅を無楽軒と号した[22]。寛政6年(1794年)国学普及のため出雲に行って講義を行った[23]。寛政7年(1795年)4月松坂を訪れて宣長の伊勢神宮参詣に同校し、8月藩主松平康定を迎えて伊勢参詣を手配し、宣長に引き合わせた[24]。寛政8年(1796年)3月江戸へ向かい、9月帰国した[25]

享和元年(1801年)10月8日病没し、10日浜田観音寺に葬られた[21]昭和51年(1976年)3月25日墓は浜田市文化財に指定された[26]

著書[編集]

『玉勝間』への貢献[編集]

宣長著『玉勝間』の数条は小篠敏の報告に基づく。

親族[編集]

先祖は巌瀬氏を名乗って三河西尾藩に仕えたが、正保元年(1644年)致仕して浜松に移り、帰農した[35]

脚注[編集]

  1. ^ 中村 1943, p. 60.
  2. ^ 大島幾太 『石見家系録』 田中三市、1918年3月、303頁。NDLJP:912415/166
  3. ^ a b 中村 1944, p. 57.
  4. ^ a b 中村 1944, p. 59.
  5. ^ 中村 1943, pp. 55-56.
  6. ^ 加藤 1966, p. 290.
  7. ^ 中村 1944, p. 66.
  8. ^ a b 中村 1944, pp. 64-65.
  9. ^ 中村 1944, pp. 56-57.
  10. ^ 加藤 1966, pp. 290-291.
  11. ^ a b 加藤 1966, p. 291.
  12. ^ a b 中村 1943, p. 57.
  13. ^ 中村 1943, pp. 57-58.
  14. ^ 中村 1943, p. 58.
  15. ^ 加藤 1966, pp. 300-301.
  16. ^ 加藤 1966, pp. 291-293.
  17. ^ a b c 加藤 1966, p. 301.
  18. ^ a b 中村 1943, p. 59.
  19. ^ 中村 1943, pp. 60-61.
  20. ^ a b 加藤 1966, p. 296.
  21. ^ a b 森 1943, p. 249.
  22. ^ 中村 1944, p. 58.
  23. ^ 中村 1944, p. 60.
  24. ^ 中村 1944, pp. 61-62.
  25. ^ 中村 1944, pp. 62-63.
  26. ^ 東海篠先生之墓”. 浜田市. 2018年1月7日閲覧。
  27. ^ 周易蠡測 - Google ブックス
  28. ^ 加藤 1966, p. 305.
  29. ^ a b c d e f g h i 中村 1944, p. 65.
  30. ^ 加藤 1966, p. 303.
  31. ^ 森 1943, p. 244.
  32. ^ a b 加藤 1966, p. 298.
  33. ^ 膽吹覚「『玉勝間』巻九「石見国なるしづの岩屋」について」、『國文學論叢』第59号、龍谷大学国文学会、2014年2月
  34. ^ a b 加藤 1966, p. 299.
  35. ^ a b 中村 1943, p. 56.
  36. ^ a b 森 1943, p. 246.
  37. ^ a b 加藤 1966.
  38. ^ a b c d 森 1943, p. 248.
  39. ^ 大久保正「本居宣長書簡二通 ―翻刻と考証―」、『国文学研究資料館紀要』第1号、国文学研究資料館1975年3月、 236頁。
  40. ^ 中村 1944, pp. 59-60.

参考文献[編集]

  • 森繁夫 「小篠敏」『人物百談』 三宅書店、1943年7月
  • 中村幸彦「小篠敏伝攷上」、『国語国文』第13巻第12号、京都大学文学部国語学国文学研究室、1943年12月
  • 中村幸彦「小篠敏伝攷下」、『国語国文』第14巻第3号、京都大学文学部国語学国文学研究室、1944年3月
  • 加藤隆久「本居宣長と小篠御野」、『甲南大学文学会論集』第32号、甲南大学文学会、1966年12月