小粥正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小粥 正巳(こがゆ まさみ 、1931年8月28日 - 2004年3月16日)は、東京府出身の元大蔵官僚。過去に、大蔵事務次官内閣総理大臣秘書官公正取引委員会委員長、日本開発銀行総裁、日本政策投資銀行総裁、日本経済研究所会長等を歴任。

来歴・人物[編集]

都立第四中学校一高を経て、東京大学法学部卒業。1956年大蔵省入省。同期に秦郁彦、大橋宗夫(関税局長)、北村恭二(証券局長)など。一橋大学法科大学院長・教授の小粥太郎は実子[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 梅本吉彦「研究生活を回顧して―人との絆に支えられて―」専修大学法学研究所所報42号8頁(2011年)
  2. ^ 小粥正巳氏が死去 元大蔵次官、前政策銀総裁 47news 2004年3月17日


先代:
吉野良彦
日本開発銀行総裁
第10代:1998年 - 1999年
次代:
(日本政策投資銀行設立)
先代:
(初代)
日本政策投資銀行総裁
初代:1999年 - 2001年
次代:
小村武