小繋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「小繫駅」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
小繋駅
駅舎(2006年9月)
駅舎(2006年9月)
こつなぎ
Kotsunagi
奥中山高原 (7.8km)
(7.6km) 小鳥谷
所在地 岩手県二戸郡一戸町小繋字西田子3-2
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 52.2km(盛岡起点)
東京から587.5km
電報略号 ツナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
10人/日
-2018年-
開業年月日 1909年明治42年)9月21日
備考 無人駅
テンプレートを表示

小繋駅(こつなぎえき)は、岩手県二戸郡一戸町小繋字西田子にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を持つ地上駅。中線(2番線)のレールは使用されていなかったため、撤去された。互いのホームは跨線橋で連絡している。

二戸駅管理の無人駅。IGR移管当初は駅舎内で乗車券の発売を行っていたが、2009年に終了。代わって小繋駅前国道向かい側にある『里やま市場』で7:00 - 18:00の間、乗車券を発売していたが、こちらも2017年3月31日をもって終了した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線 上り いわて沼宮内盛岡方面
3 下り 二戸八戸方面

利用状況[編集]

IGRいわて銀河鉄道によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は10人である[利用客数 1]。これは、IGRいわて銀河鉄道線の駅の中では最も低い数値である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗降人員推移
年度 1日平均
乗降人員
出典
2002年(平成14年)(IGR) 46 [利用客数 2]
2003年(平成15年) 43 [利用客数 3]
2004年(平成16年) 43 [利用客数 4]
2005年(平成17年) 38 [利用客数 5]
2006年(平成18年) 38 [利用客数 6]
2007年(平成19年) 38 [利用客数 7]
2008年(平成20年) 39 [利用客数 8]
2009年(平成21年) 47 [利用客数 9]
2010年(平成22年) 40 [利用客数 10]
2011年(平成23年) 37 [利用客数 11]
2012年(平成24年) 27 [利用客数 12]
2013年(平成25年) 22 [利用客数 13]
2014年(平成26年) 16 [利用客数 14]
2015年(平成27年) 16 [利用客数 15]
2016年(平成28年) 15 [利用客数 16]
2017年(平成29年) 12 [利用客数 17]
2018年(平成30年) 10 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

  • 国道4号
  • 小繋簡易郵便局
  • 立花酒店(映画「待合室」の舞台)
  • 小繋児童館
  • 里やま市場
  • 岩手県北バス「小繋駅前」停留所

隣の駅[編集]

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
奥中山高原駅 - 小繋駅 - 小鳥谷駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]