小薮村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こやぶむら
小薮村
廃止日 1927年4月1日
廃止理由 新設合併
小薮村八神村桑原村
現在の自治体 羽島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
羽島郡
隣接自治体 岐阜県羽島郡八神村、海津郡吉里村海西村
愛知県中島郡長岡村
小薮村役場
所在地 岐阜県羽島郡小薮村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

小薮村(こやぶむら)はかつて岐阜県羽島郡に存在したである。

現在の羽島市南部、現在の羽島市桑原町の南部に該当し、羽島郡最南端の村であった。

木曽川長良川に挟まれた輪中地帯であり、木曽三川分流工事で河道の拡張のため一部の集落が移転している。また、一部(西小薮地区)は長良川の川中島である[1]

歴史[編集]

  • 江戸時代初期、この地域に人家はなく、木曽川・長良川に挟まれた前方野原と呼ばれる中州であったが、正保以前に新田開拓が行われて人が住むようになる。
  • 江戸時代末期、この地域は美濃国中島郡であり、尾張藩領(大須村、午南新田)、天領(小薮村)であった。
  • 1897年(明治30年)4月1日[2] - 羽栗郡と中島郡と合併して羽島郡となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 小薮村、午南新田大須村[3]の大部分と八神村の一部が合併し、小薮村が発足。
  • 1927年(昭和2年)4月1日 - 八神村と合併し桑原村が発足。同日小薮村廃止。

学校[編集]

  • 小薮尋常高等小学校 (現・羽島市立桑原小学校)

その他[編集]

  • 小薮村は江戸時代の新田開発でできたため、小薮村と八神村の間は堤防で仕切られていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和初期に河道が埋め立てられたが、長良川を挟んで対岸(右岸)となった。
  2. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  3. ^ 字平太島は八神村に編入。

関連項目[編集]