小虫神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小虫神社
与謝野町温江 子虫神社.jpg
所在地 京都府与謝郡与謝野町温江字小森谷103
位置 北緯35度30分02.7秒
東経135度06分31.8秒
主祭神 少彦名命
社格 式内社名神大
村社
創建 不明
本殿の様式 神明造
例祭 4月最終日曜日
主な神事 加悦谷祭(4月最終土・日曜日)
テンプレートを表示

小虫神社(こむしじんじゃ)は、京都府与謝郡与謝野町温江(あつえ)に鎮座する神社式内社名神大社)で近代社格制度における社格は村社。鎮座地は野田川の中流域で加悦谷(かやだに)と称される地の東方台地上、大江山連峰の西山裾に位置する。加悦谷には国の史跡に指定されている蛭子山古墳や作山古墳などの古墳や遺跡が密集し、古代丹後地方における最先進地帯であったと見られている。

祭神[編集]

  • 少彦名命明治16年調『与謝郡神社明細帳』[1]には、若山咋命を祀るとする異説を併記する)
  • 火産霊命(明治10年に合祀した広垣神社の祭神)
  • 大山祇命(広垣神社と同時に合祀した鬼人見(きじみ)神社の祭神)

主祭神である少彦名命(或いは若山咋命)は与謝郡の国造りの神であり、温泉の守護神であるともいう[2]

歴史[編集]

創建伝承[編集]

かつては温江字虫本の大虫神社とともに大江山中腹の池ケ成(いけがなる)という地[3]に鎮座し、「虫宮(むしのみや)」と呼ばれていた[4]。往昔大虫神社の祭神である大国主命沼河姫と当地に居住している時、槌鬼(つちおに)という悪鬼の毒気に当てられた姫が病気に罹り、それを嘆く大国主命のために少名彦命が八色の息を吐きかけて槌鬼を追い出し姫を回復させたが、今度はその息のために人や動植物が虫病に苦しむようになったため、少名彦命は「小虫」と名乗ってそれぞれの体内から害源である悪虫を除くことを、大国主命は「大虫」を名乗って体外から病を治すことを誓い合い、鏡を2面作ってそれぞれ分け持ったことから、「大虫」「小虫」の神として崇められるようになったといい、また、用明天皇の第3皇子麻呂子親王聖徳太子の異母弟)が大江山にいた土蜘蛛という鬼賊を征伐するに際して祈願したという伝説があり[5]、億計王(おけのみこ。後の仁賢天皇)と弘計王(をけのみこ。後の顕宗天皇)が即位前に潜伏したとも伝えられている[6]

平安時代以降[編集]

延喜式神名帳』では大虫神社とともに名神大社に列し、現存する『丹後国神名帳』には「従一位小虫明神」と記されている[7]

その後、大虫神社が池ケ成から現社地へ遷座するに際して、当神社も現在地へ遷座し、その時代は室町時代の初期というが[8]、遷座の事情や経緯は不明である。現社地が属す温江は、古く『和名抄』に見える与謝郡謁叡(あちえ)郷の遺称地とされ、北接する明石(あけし)の一帯には蛭子山古墳(全長145m)に代表される大古墳や弥生から古墳時代前期に亘る住居跡が集中することから、古代丹後地方において最も開発の進んだ地帯であったとされ[9]丹波国から丹後の国府(現宮津市国分に置かれていた)へ至る官道(令制における山陰道)が通い、現社地付近からは大江山連峰を越えて由良川筋へ連絡する枝道が分かるなど、古代交通上の要衝でもあった[10]

1873年明治6年)2月に豊岡県の村社とされた。同年12月から本殿を再建し、1877年(明治10年)に竣功、それと同時に字谷垣の村社広垣神社(祭神火産霊命)と字木積の無格社鬼人見神社(祭神大山祇命)を合祀した。戦後神社本庁に参加している。

祭祀[編集]

氏子区域は小森谷を始め温江の尾上(おのえ)、門出(もんで)、谷垣、尾佐、本村(ほむら)の6地区で(温江の残りの地区は大虫神社の氏子)、祭礼は大虫神社と合同で行われ、神楽と太刀振りが奉納される。奉納は江戸時代後半からというが[6]、その由来は伝わっていない。現在の例祭日は4月最終日曜日で、加悦谷の諸神社とともに「加悦谷祭」(4月最終土・日曜日)を構成する。なお、『特選神名牒』には祭日を10月30日としているが、その後4月21日に変更され、更に1889年(明治22年)頃から加悦谷の諸神社が全て天満神社(与謝野町加悦字天神山[11]に鎮座する旧郷社)の天神祭(4月25日)にあわせて4月24・25日に統一固定し、2001年(平成13年)から現行日に変わったものである。

土曜日は宵宮で早朝から小虫・大虫両神社の氏子区域全戸へ神楽と太刀振りが厄除けの門付けに訪れ、夕刻と翌日曜日の本祭に当神社と大虫神社へ順次奉納される。その際、宵宮で先に当神社で奉納されれば本祭では大虫神社から奉納し、翌年には宵宮で大虫神社から、本祭で当神社からと毎年順序が交替する決まりとなっている。また、かつては当神社氏子と大虫神社氏子とで隔年交替で奉仕していたが、1972年(昭和47年)に温江太刀神楽保存会が結成され、以後合同で行っている。(詳細は大虫神社 (与謝野町)#祭祀を参照)

社殿[編集]

本殿は明治10年の再建で、神明造であるが、桁行が正面を3間、背面を2間とし(梁間は2間)、縁も脇障子を設けて背部は省略するなどやや変則的な造作となっている。また、棟持柱は掘立式であるが他の柱は八角形の礎石上に立つ。屋根は銅板葺で千木・鰹木を飾るが、茅葺であった可能性もあるという[12]拝殿は桁行3間、梁間2間の入母屋造平入で銅板葺。他に舞殿などがある。

境内社[編集]

若宮神社(祭神、由緒不詳)、小森神社(同左)、猫宮社(同左)

脚注[編集]

  1. ^ 『加悦町史 資料編』第1巻所収。
  2. ^ 『加悦町誌』。なお、現鎮座地「温江(あつえ・あちえ)」ついて、邨岡良弼の『日本地理志料』は「あつゆ」が転じたもので、古く温泉(熱つ湯)が湧いたことに因むと説き、吉田東伍大日本地名辞書』も温泉に因むものであろうが、明治の時点(『大日本地名辞書』は明治33年刊)で鉱泉の湧くのを見ないため、古く湮滅したものであろうか、と説く。
  3. ^ {{{10}}}
  4. ^ 『式内社調査報告』。
  5. ^ 明治16年調『与謝郡神社明細帳』。
  6. ^ a b 『加悦町誌』。
  7. ^ 現存『丹後国神名帳』は福知山市大江町南山の室尾谷山観音寺に伝わり、書写本であるが原本は元亀3年(1572年)の筆になる。同寺の修正会において奉唱された勧請神名帳であるが、丹後の国内神名帳に起源を持つとされる(三橋健『国内神名帳の研究 論考編』、おうふう、平成11年)。
  8. ^ 『加悦町誌』。旧鎮座地には「御手洗ノ池」が残されているという。
  9. ^ 『日本の神々』、『京都府の地名』。
  10. ^ 『式内社調査報告』、『日本の神々』。また、遺称地が存しないために所在は不明であるが、駅馬5匹の用意が規定されていた勾金(まがりかね)駅(『延喜兵部省式』)も置かれていたという(『京都府の地名』)。
  11. ^ {{{10}}}
  12. ^ 『加悦町史 資料編』第1巻。

参考文献[編集]

  • 加悦町誌編さん委員会編『加悦町誌』、加悦町役場、昭和49年
  • 加悦町史編纂委員会編『加悦町史 資料編』第1巻、同第2巻、与謝野町役場、平成19年(第1巻)、平成20年(第2巻)
  • 式内社研究會編『式内社調査報告 第18巻山陰道1』、皇學館大學出版部、昭和59年
  • 谷川健一編『日本の神々-神社と聖地』第7巻山陰《新装復刊》、白水社、平成12年 ISBN 978-4-560-02507-9(初版は昭和60年)
  • 小虫神社(國學院大學21世紀COEプログラム、「神道・神社史料集成」)