小西はる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こにし はる
小西 はる
生年月日 (2000-10-16) 2000年10月16日(20歳)
出身地 大阪府
身長 159cm
血液型 A型
職業 女優モデル
ジャンル テレビドラマ舞台CM
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
G線上のあなたと私
テンプレートを表示

小西 はる(こにし はる、2000年10月16日 - )は、日本女優タレントモデル

大阪府出身[1]スターダストプロモーション所属。

来歴[編集]

中学生の時から芸能に興味を抱き、当初は女優に特に興味はなく“CMに出たい”思いから、オーディションを経て現在の事務所に所属した[2]

2018年に兵庫県の東播磨県民局が制作した神戸、姫路、東播磨をそれぞれ架空の女性アイドルグループ「HYOGO」のメンバーに見立てたPR動画で、センターながらも地味で目立たない「東播磨ちゃん」役を演じた。3月26日から配信する、明石市泉房穂市長が「明石を自虐ネタの対象にするのはおかしい。明石は、加古川市高砂市とは違う」と猛烈に抗議し、4月20日に配信が停止されたが明石市の批判内容が東播磨の近隣自治体から猛烈に批判され、5月2日から配信が再開された[3]

上記騒動で耳目を集めた直後のインタビューで「朝ドラヒロインが目標」と語ったが[4]、2020年度下半期の連続テレビ小説おちょやん』に朝比奈灯子役で出演した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

  • こんな未来は聞いてない!!(2018年9月29日、フジテレビフジテレビオンデマンド
  • Yahoo!映像トピックスオリジナル番組・お部屋コメディー「女子高生と武将」(全3話)※はる役 2018年4月18日 -[5]

舞台[編集]

  • 少女劇団いとをかし 第5回公演『46がくれた君のこえ~夏~』(2016年9月3日・4日、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場)
  • 少女劇団いとをかし 第6回公演『ブのカツのハナシ』(2017年2月4日・5日、川崎市アートセンター アルテリオ小劇)
  • 「清らかな水のように~私たちの1945~」(2017年7月26日 - 30日、劇場HOPE(中野ポケットスクエア))
  • 少女劇団いとをかし 第8回公演『ど・ヤンキーmeetsザ・ギャル』(2018年2月10日 - 12日、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場)
  • 「エグ女」(2018年2月27日 - 3月4日、CBGKシブゲキ!!
  • 少女劇団いとをかし 第9回公演『夢の中の恋人と、いちごの関係?』(2018年8月18日・19日、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場)
  • 劇団K助 第20回公演 「体育教師たちの憂鬱」(2018年12月18日 - 12月23日、ウッディシアター中目黒)
  • 少女劇団いとをかし 第10回公演『LOOK UP!』(2019年2月9日 - 11日、ラゾーナ川崎プラザソル
  • 「エグ女2019」(2019年2月26日 - 3月3日、CBGKシブゲキ!!)
  • 「PINK」(2019年3月30日 - 4月5日、CBGKシブゲキ!!)
  • たやのりょう一座第6回公演 怪盗⭐︎ドラゴンカンパニーVol.1「イサヤ島の王女と神の右腕」(2020年10月15日 - 18日、CBGKシブゲキ!)
  • 「ドブ恋」(2020年11月13、14日、オンライン配信)

その他[編集]

  • さくらしめじ「きみでした Acoustic Version」 PV
  • ガチャピンちゃんねる【公式】
  • NTTドコモ「カンナとミナミのアルバム」 ドコモWebムービー
  • 兵庫県東播磨 観光促進PRムービー(兵庫県東播磨県民局
  • NHK神戸放送局「Live Love ひょうご」“暮らして愛して兵庫県”[6] 東播磨役 
  • Osaka Metro 「Osaka DARK Metro」2019年10月9日 -
  • 岡山理科大学獣医学部
  • パナソニック デジタルカメラ「LUMIX」(カタログ/チラシ/WEB)2017年4月 - 2019年
  • 三井不動産レジデンシャル株式会社 「パークシティ武蔵小杉 THE  GARDEN TOWOR WEST」 2016年4月 -
  • 「JR西日本デイリーサービスネット」インナー用再現VTR 2016年4月 -
  • 英真学園高等学校 学校案内パンフレット 2016年5月 -
  • 二松学舎大学附属高等学校 学校案内パンフレット 2016年5月下旬 -
  • 進研ゼミ 高1MyVision 4月広告 2016年3月 -

脚注[編集]

関連項目[編集]