小西来山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小西 来山(こにし らいざん、1654年承応3年) - 1716年11月16日享保元年10月3日))は江戸時代俳人。通称、伊右衛門。満平、湛翁、湛々翁、十萬堂の号がある。

生涯[編集]

薬種商を営む六左衛門のもとに生まれる。7歳で前川由平の門に入り、18歳で俳諧の点者になる。禅を南岳悦山に学んで法体となる。延宝6年(1678年)、西鶴編『物種集』に初出し、翌年には西鶴らに一座して『飛梅千句』を興業する。延宝8年(1680年)、遠舟編『太夫桜』以後、悦山に因んで来山と改号。元禄3年以降、来山の活動は活発化し、元禄3年から元禄7年の間に、生前に発表された約260句のうち、約90句が発表されている。元禄10年代以降は雑俳点者としての活躍が甚だしく、大坂の雑俳書で来山に無関係のものはほとんどないとされる[1]

作風[編集]

来山はまとまった俳書を残していない。「常の詞」による俳諧を説き、素直で平淡な句作りや日常の中に美を求める姿勢を特徴とする。時に卑俗で理屈臭い句が多いとされる[1]

人物[編集]

近世畸人伝』巻之三に逸話が残る[2]

  • 酒好きで、酔っているところを見とがめられて入獄させられるが、自ら名前を言わず、3日ほど拘留された。門人があちこち探し求めて来山を助け出し、「大変だったでしょう」と言ったところ、「自炊しなくて済んだので気楽だった」と応じたという。
  • 大晦日、門人から雑煮の具を送られたが、その日のうちに酒の肴として食べてしまった。来山は「我が春は宵にしまふてのけにけり」と1句読んだという。

また、同書の中で、来山は「ひとへに酒を好む」「すべて文章は上手」「行状にくらべておもへば、老荘者にして、俳諧に息する人にはあらあざりけらし」と評されている。

作品[編集]

句文集

  • 古道ら編『いまみや草』(享保19年刊)
  • 古道編『津の玉柏』(享保20年成立)
  • 什山編『続いま宮草』(天明3年刊)
  • 由誓編『再興木葉駒』(文化7年成立)
  • 朝陽館五晴編『俳諧五子稿』(安永4年刊)
  • 屋烏編『俳諧十家類題集』など

追善集

  • 『木葉古満』(享保2年刊)
  • 『遠千鳥』(享保2年刊)
  • 『三回忌集』(享保3年刊)
  • 『たつか弓』(享保14年刊)
  • 『俳諧葉久母里』(享保17年刊)など

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第6巻』 岩波書店、1990年12月、190-191頁。 
  2. ^ 伴蒿蹊 『近世畸人伝』 岩波書店、1940年1月、133-134頁。 

参考文献[編集]

  • 伴蒿蹊『近世畸人伝』 岩波文庫
  • 『来山百句』来山を読む会(坪内稔典ら)編、和泉書院、2005年7月、ISBN 4757603282