小西氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小西氏(こにしし)は、日本氏族の一つ。二つの異なる家がある。

  1. 藤原北家秀郷流を称した藤原氏庶流の小西氏。和泉国を拠点とした。
  2. 宇多源氏佐々木氏流の小西氏。近江国を拠点とした。


小西氏 (和泉国)[編集]

小西氏
家紋
はなくるす
花久留子
本姓 藤原北家秀郷流
家祖 小西行正
種別 武家
出身地 和泉国[1]
主な根拠地 肥後国南部宇土城[1]
著名な人物 小西行長[1]
凡例 / Category:日本の氏族

豊臣秀吉に仕えた戦国大名小西行長の一族は藤原北家秀郷流を称し、丹波内藤氏の一族久清の子次忠すなわち小西行正を直接の祖とする[要出典]。この行正の子が堺の豪商から身を立てたとされる小西隆佐である。隆佐は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に接近し信頼を得てこれに仕え、出世する[1]。一族の多くも行動を共にし、四人の息子のうち如清・行長の二人は直臣として秀吉に仕え、行長は武将、そして戦国大名となり、主殿介と末弟与七郎は行長の家臣となった[1]。このほか甥に小西アントニオがおり、行長家臣となっている。通字は「」であり、代々相伝の幼名は「弥九郎[2]と考えられる[要出典]

隆佐の次男・行長は一時宇喜多直家に仕え、直家と秀吉の間の使者を務めた。直家の死後は秀吉に仕え、気に入られるところとなったのか最終的に天正16年(1588年)ごろ肥後南半国24万石を領した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは石田三成宇喜多秀家との縁から西軍に属するが敗北、行長は首謀者の一人として斬首される。弟の行景宇土城を守るが加藤清正に攻められ関ヶ原本戦の西軍敗北が伝わると開城し自刃した。これにより大名小西氏は滅亡する。

行長の長男毛利輝元によって処刑され、と息子の1人はその二代後までは黒田氏の家臣浅山氏(新参、1300石)として確認できる[要出典]宗義智に嫁いだ娘のマリア(洗礼名)は離縁され、その後は不明(と一説に長崎の修道院に保護され、慶長10年に病没したとも[要出典])。マカオに追放されローマで修行して日本に帰国、処刑された明治時代以前の最後の日本人司祭マンショ小西は行長の孫(マリアと宗義智の子)である。[要出典] なお、行景の子孫は武家として存続した。[要出典]

行長はじめ小西家は、ルイス・フロイスらと交流があり、一家揃ってキリシタンだったことでも知られる。

行長流の小西氏の他、堺・京都には多くの小西姓の商家が存在している[要出典]このほか長束正家の家中にも小西氏が見られる[要出典]


小西氏 (近江国)[編集]

小西氏
家紋
よつめゆい
四つ目結[1]
まる に だきいな
丸に抱き稲[1]
本姓 宇多源氏佐々木氏[1]
家祖 小西正隆[1]
種別 武家
出身地 近江国[1]
凡例 / Category:日本の氏族

佐々木氏流の小西氏は近江国出身の氏族である[1]

佐々木左近将監成頼の子孫・孫太郎正隆からはじまる[1]。正隆の烏帽子親が小西百右衛門尉某であったことにより小西を号したとされる[1]

正隆は六角義賢に仕えた[1]。正隆の子・正重は豊臣秀次に仕えたが、後に徳川家康の家臣となる[1]

寛政系譜』にはこの小西氏を4家掲載している[1]



系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]