小西茂也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小西 茂也(こにし しげや、1909年1月16日 - 1955年4月21日)は、フランス文学者、翻訳家。栃木県生まれ。東大文学部仏文科卒。19世紀フランス文学を中心に多くの翻訳書がある。

河出書房、逓信省嘱託、外務省にも勤務後に、オノレ・ド・バルザックギ・ド・モーパッサンや、ピエール・ブラントームなどのフランス艶笑譚を翻訳。戦後1946年には、かねて敬愛する永井荷風市川の自宅に約2年間住まわせたことでも知られている。その間、我儘で奇行の多い荷風に大変悩まされたことを「同居人荷風」(1952年発行『新潮』掲載)などに書いている。

近年刊の秋山征夫『荷風と市川』(慶應義塾大学出版会、2012年)で、両者の関係が明かされた。

精力的に翻訳業を続けていたが、40代で急逝した。2007年にマルキ・ド・サド閨房哲学』の訳稿が発見され刊行された。

著書[編集]

  • モーパッサン 大西忠雄共著 青磁社 1949
  • ふらんす情史 大日本雄弁会講談社 1954

翻訳[編集]

  • ドストエフスキー アンドレ・ヂイド 武者小路実光共訳 日向堂、1930
  • 続文芸評論 アンドレ・ジィド 鈴木健郎桑原武夫大岡昇平中島健蔵・秋田滋共訳 芝書店 1933
  • モーパッサン傑作短篇集 第3巻 娼婦小説集 河出書房、1935
  • バルザツク全集 第8巻 暗黒事件 河出書房、1935 のち三笠文庫、新潮文庫
  • バルザック アラン 創元社 1940
  • 滑稽譚 バルザック 青木書店 1940 「風流滑稽譚」角川文庫、新潮文庫、東京創元社版全集第25巻
  • 情念について アラン 白水社 1942
  • 艶婦伝 ブラントーム 新樹社 1948 のち新潮文庫
  • 川揉み女 バルザック 新樹社 1948 のち角川文庫及び東京創元社版全集第17巻「ラブイユーズ」
  • 風流滑稽譚 壱弐参 バルザック 新樹社 1948
  • 艶笑小説集 モーパッサン 青磁社 1949
  • ダルタニャン色ざんげ ガチアン・クウルティルス・ド・サンドラス 河出書房 1950
  • チャタレイ夫人第二の夫 ドルリヤック夫人 新潮社 1951
  • モーパッサン長篇全集 第2 モントリオル 白水社 1951 のち角川文庫「♨モントリオル」
  • ゴリオ爺さん バルザック 角川文庫 1951 のち「バルザック全集 第8巻」東京創元社
  • 若き魔術師 ボードレール 角川文庫 1952
  • 谷間の百合 バルザック 世界文学全集 河出書房 1952 のち新潮文庫
  • 聖歌隊の少年 エチアンブル 新潮社 1953
  • ほくろの位置について 世界艶笑譚 奥野信太郎共編 六興出版社 1953
  • 艶笑十八講 ヴェルヴィル 六興出版社 1954
  • あまとりあ事典 ジャン・シュアール あまとりあ社 1954
  • カザノヴァ囘想録 新潮文庫 1954 抜粋訳
  • ランボオ論 ヘンリー・ミラー 新潮社 1955 のち同「ミラー全集」
  • 落した話落さなかつた話 ベロアルド 美和書院 1955
  • 閨房哲学 D.A.F.サド 一穂社 2007