小諸バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道18号標識

小諸バイパス(こもろバイパス)は、長野県小諸市を通る国道18号バイパスである。

概要[編集]

  • 起点 : 長野県小諸市四ッ谷(四ッ谷交差点)
  • 終点 : 長野県小諸市西原(西原交差点)
  • 全長 : 4.92km
  • 道路規格 : 第3種山地部
  • 最急縦断勾配 : 5%
  • 最小曲線半径 : 500m
  • 標準幅員 : 15.5m
  • 事業費 : 5億5600万

それまで小諸市街に入り込み、大型車の通行の支障をきたしていた国道18号の輸送力向上を目的に建設された。

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 交差する道路の特記がないものは市道
交差する道路 交差する場所 高崎から
(km)
国道18号
- 国道141号 四ッ谷
県道134号馬瀬口小諸線 加増
県道80号小諸軽井沢線 県道131号峰の茶屋小諸線 小諸警察署
- 県道130号菱野筒井線 坂の上中央
県道130号菱野筒井線 平林
県道79号小諸上田線
- 国道141号 西原
国道18号 長野上田方面

沿革[編集]

関連項目[編集]