小谷仙庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小谷 仙庵(こたに せんあん、弘化5年(1848年) - 没年不明)は、江戸時代末期(幕末)の丹後宮津藩医、慶應義塾教員、京都府医師会長、副会長等を歴任。別名:小谷忍従七位

経歴[編集]

丹後国宮津城下に生まれる。藩医として、代々松平伯耆守に仕える。

宮津藩藩校・礼譲館(文武館)に学び、慶応元年(1865年)に藩命により鉄砲洲慶應義塾へ入塾。明治元年(1868年)に戊辰戦争により帰藩し、長崎養生所にて医術を修業する。再度上京して慶應義塾五級に入り、小杉恒太郎と共に明治3年(1870年)汐留出張所の移転先、麻布龍源寺分校の取締役に任ぜられる。慶應義塾では「英文購読」の授業を担当した。同門は小幡甚三郎藤野善蔵、蘆野卷蔵、村尾真一。次いで上総国松尾藩英学校開設にあたり、千葉県に赴く。

晩年は帰郷し、北丹医師会(現・京都医師会)が発足すると会長に就任。他、臨済宗東涌山宝泉寺の創設発起人となる。死没に際して従七位に叙する。なお、福沢諭吉よりも早くに死去している。

参考文献[編集]