小谷場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > 川口市 > 小谷場
小谷場
—  大字  —
小谷場の位置(埼玉県内)
小谷場
小谷場
小谷場の位置
座標: 北緯35度50分35.19秒 東経139度40分51.49秒 / 北緯35.8431083度 東経139.6809694度 / 35.8431083; 139.6809694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 川口市
地区 芝地区
面積[1]
 - 計 0.517km2 (0.2mi2)
人口 (2018年(平成30年)3月1日現在)[1]
 - 計 4,439人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 333-0857[2]
市外局番 048 (川口MA)[3]
ナンバープレート 川口

小谷場(こやば)は、埼玉県川口市大字郵便番号は333-0857[2]

地理[編集]

川口市の北部に位置する。さいたま市には関係した大谷場という地名もある(かつては隣接していたが住居表示実施により南浦和が成立し隣接しなくなった)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、小谷場字台1045番9の地点で20万5000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

沿革[編集]

かつては小谷場村であった。

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により芝村、小谷場村、伊刈村、柳崎村の四箇村が合併し、芝村成立。
  • 1940年(昭和15年)4月1日 - 芝村が鳩ヶ谷町(1950年に再分離)、神根村、新郷村と共に川口市に編入される。川口市の大字となり現在に至る。地区南部は住居表示実施により新町名となっている部分も多い。
  • 1986年(昭和61年) - 大字小谷場の一部から芝西二丁目の一部、芝塚原一丁目の一部が成立。
旧住所(大字小谷場) 現在
156~175番地 芝塚原1丁目13~18番地
325、326番地 芝西2丁目20番地の一部

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
小谷場 2,150世帯 4,439人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
1〜3番地、5〜10番地、12〜20番地、26〜32番地、35〜78番地
100番地、103〜105番地、112〜113番地、122〜123番地
129〜130番地、133〜141番地、176番地、182〜183番地
189番地、217〜281番地、284〜318番地、320〜9999番地
川口市立芝西小学校 川口市立小谷場中学校
4番地、11番地、21〜25番地、33〜34番地、79〜99番地
101〜102番地、106〜111番地、114〜121番地、124〜128番地
131〜132番地、142〜175番地、177〜181番地、184〜188番地
190〜216番地、282〜283番地、319番地
川口市立芝西中学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 川口市立小谷場中学校
  • 芝西公民館
  • 川口市立芝西保育所(芝西公民館の敷地内)
  • 芝みずほ幼稚園
  • 川口小谷場郵便局
  • 小谷場公園
  • 芝西公民館
  • 稲荷神社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。

参考文献[編集]