小谷豪治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小谷 豪冶郎、ないし、小谷 秀二郎(こたに ひでじろう、1920年 - 2002年12月18日)は、日本の国際政治学者[1]。著作活動においては、1980年ころまでは小谷 秀二郎と名乗り、以降は小谷 豪冶郎の名義を用いた。

来歴[編集]

長崎市生まれ。大連旧制中学校を経て兵庫県立神戸高等商業学校を卒業。学徒出陣で海軍主計中尉京都大学農学部卒。米国で学び、南山大学講師、防衛研修所所員、京都産業大学京都外国語大学教授などを務めた。後年には、福岡県や鳥取県の大学に招かれたこともあったとされる[2]

1970年末次一郎主宰の安全保障問題研究会に創設時から参加し、久住忠男、猪木正道佐伯喜一高坂正堯衛藤瀋吉神谷不二若泉敬岸田純之助、三好修らとともに重要なメンバーのひとりとなった[1]1972年には、台湾との断交に反発し、藤島泰輔らとともに日華民族文化協会を結成して活動を展開した[2]。この前後の時期には、最初の結婚を離婚により解消し、後に再婚した[2]

小谷は日米関係や、韓国、台湾の情勢について通じた、安全保障の専門家であり、韓国の金鍾泌や、台湾の李登輝と個人的なつながりをもっていた[1]

晩年には、京都嵐山に居を構えながら[2]、学校法人姫路学院理事長、姫路学院女子短期大学学長となり[3]、その改組によって2000年に創設された近畿福祉大学(後に、近畿医療福祉大学を経て神戸医療福祉大学と改称)の初代学長となった。2002年には「軍関係的研究」により神戸学院大学から博士(国際関係法学)を取得したが[4]、近畿福祉大学学長在職のまま2002年12月に死去し、遺体は遺言により京都大学医学部に献体された[1]

2003年1月に、勲三等旭日中綬章が追贈された[2]

著書[編集]

  • 『コンゴへの旅 国連軍を現地に訪ねて』日本外政学会 1962
  • 『ベトナム戦争とゲリラ』日本国際問題研究所 1966 国際問題シリーズ
  • 『防衛論とアジア』恒星社厚生閣 1968
  • 『国防の論理』原書房 1970
  • 『自動車戦争 「マスキー法」の神話と現実』サンケイ出版 1976
  • 『防衛力構想の批判』嵯峨野書院 1977
  • 『野望 書下ろし長編小説』サンケイ出版 1977
  • 『硫黄島の死闘 恐怖の洞窟戦』サンケイ出版 第二次世界大戦ブックス 1978
  • 『朝鮮戦争 38度線、悲劇の攻防』サンケイ出版 第二次世界大戦ブックス 1978
  • 『真実はどこにあるのか 三越対公取委』主婦と生活社 1980
  • 『防衛の実態-防衛庁ビッグ4との対談』日本教文社 1972
  • 『幻想と平和』田沢康三郎と共著 大和山出版社 1981

翻訳[編集]

  • チャールズ・バートン・マーシャル『外交の限界 アメリカ対外政策の基本的再検討』日本外政学会 1956
  • マックス・ベロフ『ソヴィエトのアジア政策』石川忠雄共訳 日本外政学会 1957
  • コロンビア国際問題大学院編『東ヨーロッパ 衛星国のゆくえ』日本外政学会 1957 コロンビア大学国際問題叢書
  • マックスウェル・テーラー『大量報復政策批判』佐伯喜一共訳 時事通信社 時事新書 1960
  • ジョン・ケネディ[要曖昧さ回避]『平和のための戦略 新時代の探求』細野軍治共訳 日本外政学会 1961
  • D.G.ブレナン編『軍備管理・軍縮・安全保障』鹿島研究所ほか 1963
  • P.サリンジャー『ケネディと共に』正続 鹿島研究所出版会 1966
  • B.G.ベックヘファー『戦後の軍備管理』鹿島研究所出版会[ほか 1966
  • M.シバラム『ベトナム戦争への疑問』荒地出版社 1966
  • マックス・ヘイワード編『自由は裁かれるか ソビエト文学者の反逆』荒地出版社 1967
  • フランク・N.トレーガー『ベトナム アメリカはなぜ戦うか』時事通信社 時事新書 1968
  • レイモン・アロン『選集3 知識人とマルキシズム』荒地出版社 1970

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 吹浦忠正 (2007年12月11日). “吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草 小谷豪冶郎先生の霊前に”. 吹浦忠正. 2013年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e 宮崎正弘 (2003年1月20日). “宮崎正弘の国際ニュース・早読み 通巻478号 宮崎正弘の近況”. 宮崎正弘. 2013年10月9日閲覧。
  3. ^ “寄付金断り不合格 成績は合格ライン 姫路学院女子短大の昨春入試で”. 朝日新聞・朝刊: p. 26. (1994年1月24日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 軍関係的研究 小谷豪治郎”. 国立国会図書館. 2013年10月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『幻想と平和』著者紹介