小路駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小路駅
4号出入口と赤バス(生野南ループ)
4号出入口と赤バス(生野南ループ)
しょうじ
Shoji
S21 新深江 (1.0km)
(0.9km) 北巽 S23
所在地 大阪市生野区小路東二丁目11-14
駅番号  S22 
所属事業者 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
所属路線 千日前線
キロ程 11.1km(野田阪神起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,284人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
8,399人/日
-2017年-
開業年月日 1981年昭和56年)12月2日
テンプレートを表示

小路駅(しょうじえき)は、大阪市生野区小路東二丁目にある大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) 千日前線駅番号S22

歴史[編集]

駅構造[編集]

コンコースにある共同溝が見えるのぞき窓

島式1面2線の地下駅。改札口は1ヶ所のみ。地上への出入口は全て、ホームから見て鶴橋寄りに設けられている。

1・2番出入口付近はフリースペースとなっており、ベンチも設置。簡易ギャラリーも設けられている。

駅に隣接して新庄大和川線の共同溝が設置されており、改札内コンコースには共同溝の構造がわかるようのぞき窓が設置されている。

当駅は日本橋管区駅に所属し、今里駅が管轄している。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 S 千日前線 南巽方面
2 鶴橋なんば阿波座野田阪神方面

利用状況[編集]

2017年11月14日の1日乗降人員8,399人(乗車人員:4,284人、降車人員:4,115人)である[1]。千日前線の駅では乗降人員が最も少ない。

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1985年(昭和60年) 11月12日 4,171 4,041 8,212
1987年(昭和62年) 11月10日 4,696 4,508 9,204
1990年(平成02年) 11月06日 4,519 4,389 8,908
1995年(平成07年) [注 1]2月15日 3,791 3,520 7,311
1998年(平成10年) 11月10日 3,849 3,652 7,501
2007年(平成19年) 11月13日 4,180 4,058 8,236
2008年(平成20年) 11月11日 4,120 3,932 8,052
2009年(平成21年) 11月10日 4,008 3,827 7,835
2010年(平成22年) 11月09日 3,866 3,742 7,606
2011年(平成23年) 11月08日 3,943 3,781 7,724
2012年(平成24年) 11月13日 3,985 3,901 7,886
2013年(平成25年) 11月19日 3,930 3,722 7,652
2014年(平成26年) 11月11日 3,934 3,806 7,740
2015年(平成27年) 11月17日 4,019 3,780 7,799
2016年(平成28年) 11月08日 3,965 3,802 7,767
2017年(平成29年) 11月14日 4,284 4,115 8,399

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄停留所は、地下鉄小路となる。以下の路線が乗り入れ、大阪シティバスにより運行されている。

隣の駅[編集]

■ 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
S 千日前線
新深江駅 (S21) - 小路駅 (S22) - 北巽駅 (S23)
  • ( ) 内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1996年に行われた調査であるが、会計年度上は1995年度となる。

出典[編集]

関連項目[編集]