小那覇舞天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小那覇 舞天(おなは ぶーてん、1897年 - 1969年1月25日)は沖縄県出身の演劇人、歯科医師である。本名・小那覇全孝。

現在の今帰仁村生まれ。旧制沖縄県立第二中学校(現・沖縄県立那覇高等学校)から旧制日本歯科医学専門学校(現・日本歯科大学)を経て嘉手納で歯科医院を開業するかたわら、沖縄の伝統芸能の保存、普及に努め、また大衆演劇人として弟子の照屋林助とともに、占領下の焦土と化した沖縄で大きな人気を博し、沖縄のチャップリンと呼ばれた[1][2]

CD[編集]

  • 『沖縄漫談 ブーテン 笑いの世界 VOL.1』(B/C RECORDS) BCD-7XY
  • 『沖縄漫談 ブーテン 笑いの世界 VOL.2』(B/C RECORDS) BCD-9XY

脚注[編集]

  1. ^ 『笑う沖縄・百年の物語』NHK 2011年
  2. ^ 沖縄のチャップリン小那覇舞天”. うるま市商工会. 2011年3月31日閲覧。