小野ヤスシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小野 ヤスシ
本名 小野 泰(おの やすし)
ニックネーム 小野ちん
生年月日 1940年2月11日
没年月日 (2012-06-28) 2012年6月28日(72歳没)
出身地 日本の旗 日本鳥取県境港市
出生は大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮咸鏡南道元山府
血液型 AB型
身長 178cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 成城大学文芸学部中退
出身 ロカビリーバンドボーカル
グループ名 ザ・ドリフターズドンキーカルテット
芸風 司会業
活動時期 1959年 - 2012年
過去の代表番組 11PM
スターどっきり(秘)報告
他の活動 タレントコメディアン俳優ミュージシャン
テンプレートを表示

小野 ヤスシ(おの ヤスシ、1940年2月11日 - 2012年6月28日)は、日本のタレントコメディアン俳優司会者ミュージシャン鳥取県境港市出身。自称「鳥取が生んだ天才“スーパースター”」。本名は小野 泰。

人物[編集]

父親の仕事の関係で日本統治下の朝鮮元山市に生まれる。幼少の頃に日本に引き揚げてきた。鳥取県立境高等学校卒業、成城大学文芸学部中退。

ザ・ドリフターズ」の初期のメンバーで、1960年「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」とグループ名を変更後、正式に参加する。1964年に、桜井輝夫の脱退後にリーダーの座を譲られた碇矢長一[1]のワンマン体制に不満を持ち対立した。その小野に同調したドリフのメンバーだったジャイアント吉田、飯塚文雄、猪熊虎五郎と共に4人で脱退。この4人に祝勝を加え、コミックバンドの「ドンキーカルテット」を結成し、演芸ブームの追い風の中、人気を獲得する。

1970年、ブームの方も下火となり6年間活動を続けて来たドンキーカルテットは解散した。以降はタレントへ転身し、単独で活動する。バラエティ番組では司会やリポーター、ゲスト等に出演し、映画テレビドラマではコミカルなバイプレーヤーとして活躍した。

フジテレビ系列スターどっきり(秘)報告」ではレポーターを務め、さらに司会を10年以上の長きに渡り担当する。同番組では『キャップ』と呼ばれ親しまれていた。

1995年7月、第17回参院選自由民主党推薦の無所属鳥取県選挙区から立候補したが落選。

自身を「鳥取県が生んだ自称スーパースター」と名乗っていた様に鳥取県への郷里愛は強く、1996年から毎年11月に出身地の境港市に著名落語家や芸能人を招いて『境みなと寄席』を開催し、自らも司会を務めるなどしていた[2]

2000年代以降はアサヒ緑健提供の青汁PRの為のトーク番組の司会や、旧知の仲で大親友の加藤茶仲本工事と3人で結成したコミックバンド『加トちゃんバンド』での公演活動、PS2ソフト『ヘビーメタルサンダー』において「小野ヤスシ似」というキャラの声を担当し、ゲーム内の番組『重金属アワー』にて司会を行った。

2010年1月に腎盂腫瘍で右腎臓を全摘出。2010年3月に開いた自らの芸能生活50周年記念パーティーの席上で、これががんによる手術であることを公表していた[3]。それ以降は治療に専念しつつ、体調を見ながら芸能活動を継続していたが、2012年6月28日、腎盂がんのため都内の病院で死去[4]。72歳没。

小野の公の場での最後の仕事は、長年の盟友であった加藤茶の結婚披露パーティー(2012年3月1日)での司会であった[5]。パーティー開始前は抗がん剤副作用で吐き気が止まらず、薬の副作用の影響もあり髪も抜けている為かつらを着用し、歩行も思うように出来なかった為に移動は車椅子でしか出来ない等満身創痍であったが、パーティーが始まると自ら歩いて会場入りして3時間の司会をこなし、終了後の控え室で旧知の仲で大親友だった小野と加藤は互いに泣いて抱き合った。また、自身は40年来の日本聖公会の信徒で、バルトロマイという洗礼名を持っていたことから葬儀はキリスト教式で営まれ[6]、7月3日の告別式では加藤茶、高木ブー仲本工事平尾昌晃ミッキー・カーチスなど長年の親交が深かった芸能仲間が参列、加藤と平尾、左とん平が弔辞を捧げた[7]

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

スポーツ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

人形劇[編集]

洋画吹き替え[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 後のいかりや長介である。
  2. ^ 小野さん死去 地元に惜しむ声 読売新聞鳥取版 2012年6月30日閲覧
  3. ^ 小野ヤスシ、1月に腎臓摘出していた 自身の「芸能生活50周年祝う会」で報告 ORICON STYLE 2010年3月5日閲覧
  4. ^ “小野ヤスシさん死去…「11PM」など軽妙トークで人気”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年6月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/29/kiji/K20120629003568100.html 2016年11月10日閲覧。 
  5. ^ 小野ヤスシさん 盟友加藤茶のために「一番強い抗がん剤を投与していた」 スポーツニッポン 2012年7月1日閲覧
  6. ^ “小野ヤスシさん1000人音楽葬”. 日刊スポーツ. (2012年7月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120703-976912.html 2016年11月10日閲覧。 
  7. ^ 小野ヤスシさんに別れ 加藤茶「そっちに行ったらマージャンやろう」 スポーツニッポン 2012年7月3日閲覧
  8. ^ リポーター→4代目キャップ。
  9. ^ 愛川欽也司会の水曜日に出演しており、元ドンキーカルテットの飯塚文雄と共演する事もあった。
  10. ^ 加藤茶鈴木保奈美と共に司会。
  11. ^ ミッキーがレギュラーで担当していたラジオ日本の『ミッキー安川のずばり勝負』や『ミッキー安川の朝まで勝負』などに積極的にゲスト出演していた時期もあった。