小野佐世男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1953年

小野 佐世男(おの させお、1905年2月6日 - 1954年2月1日)は、日本漫画家画家随筆家小説家神奈川県横浜市出身。漫画評論家の小野耕世は長男。

略歴[編集]

  • 1905年 - 2月6日、小野鉄吉・銀子の長男として横浜に生まれる。名前の佐世男は当時日本最西端の駅であった佐世保駅に由来する。なお父・鉄吉は和歌山の建設会社西本組の社員で、鉄道施設の仕事を請け負う建築家であった。
  • 1910年 - 父・鉄吉が西本組東京事務所所長となり、東京に移る。
  • 1912年 - 檜町小学校(現港区立赤坂小学校)に入学。
  • 1918年 - 私立赤坂中学校(現日本大学第三高等学校)に入学。
  • 1925年 - 東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科に入学。
  • 1926年 - 父・鉄吉逝去(享年44)。この頃より『佐世男漫画日記』を断続的に描く(1942年頃まで続く)。人形座第1回公演に参加。
  • 1927年 - 日本漫画家連盟入会。西本組のトレード・マークのデザイン公募に佐世男の案が採用される[1]
  • 1929年 - 『東京パック』に寄稿を始める(1941年の休刊まで続く)。
  • 1930年 - 報知新聞社『日曜報知』に漫画を発表(1937年まで続く)。
  • 1938年 - 松本寧子と結婚。
  • 1939年 - 母・銀子逝去。長男・耕世生まれる。
  • 1941年 - 陸軍報道班員として、台湾インドネシアに行く。
  • 1942年 - ジャワ横山隆一とともに宣伝用壁画や漫画、コラムなどもを数多く描く。
  • 1945年 - 『小野佐世男 ジャワ従軍画譜』(ジャワ新聞社)刊行。終戦後、捕虜生活を送る。
  • 1946年 - 帰国。『スタイル』8月号を皮切りに、各雑誌に寄稿。
  • 1951年 - 二科展に出品
  • 1952年 - 新聞連載小説の挿絵を担当。(永井龍男『外燈』、岩崎栄『孤島の女王アナタハン物語』)
  • 1954年2月1日 - マリリン・モンローの来日当日、心臓発作により急死。

没後[編集]

  • 2009年2月14日~3月15日「小野佐世男展」(漫画資料室MORI)
  • 2011年10月1日~11月26日「小野佐世男展 ― 小野の旦那が帰ってきた!」(若山美術館)[2]
  • 2012年10月20日~2013年1月14日「小野佐世男 ― モガ・オン・パレード」展(川崎市岡本太郎美術館[3]
  • 2012年、龍溪書舎より『小野佐世男 ジャワ従軍画譜』復刻刊行[4]
  • 2013年10月31日~2014年2月11日「小野佐世男展 ~モダンガール・南方美人・自転車娘~」(京都国際マンガミュージアム[5]
  • 2018年5月7日~10日、インドネシアの中央ジャカルタで日本軍政期のプロパガンダポスター展示の企画展開催。佐世男の作品も展示された。[6]

主な発表媒体[編集]

  • 東京パック(東京パック社)
  • 日曜報知(報知新聞社)
  • スタイル(スタイル社)
  • バクショー(爆笑社)
  • 漫画(漫画社)
  • ジャワ・バルー(Djawa Baroe)(ジャワ新聞社)
  • VAN(イヴニング・スター社)
  • 讀物と漫画(大阪新聞社)
  • 讀物クラブ(新世紀社)
  • 財界ジープ(ジープ社)
  • 同盟ニュース漫画版(同盟ニュース社)
  • サンデー毎日(毎日新聞社)
  • 笑の泉(白鷗社)
  • 月刊子供マンガ(子供マンガ新聞社)
  • こどもマンガタイムズ(出版通信社)
  • 宣伝用ポスター(日立製作所片倉工業合同酒精
  • 映画ポスター(新東宝大映

人物[編集]

佐世男空談[編集]

小野佐世男は話術が巧みで、そのウソともホントウともつかない楽しい話は「佐世男空談」と呼ばれた。

マリリン・モンローに会えなかった男[編集]

1954年2月1日、マリリン・モンロー、ジョー・ディマジオが新婚旅行で来日した際、小野佐世男は『サンデー毎日』の企画で帝国ホテルでインタビューし絵を描く予定であったが、到着の飛行機が遅れ、また空港に歓迎陣があふれていたため、時間つぶしに日劇ビル5階の日劇ミュージックホールに向かった。ビルのエレベーターが故障していたためか、なかなか来ないので、しびれを切らして階段を登って行く途中、胸痛で倒れた。神田駿河台日大病院に運ばれたものの死去。享年48[7]

著書[編集]

  • 『小野佐世男 ジャワ従軍画譜』ジャワ新聞社、1945年
  • 『女体戯語』東和社、1953年
  • 『猿々合戦』要書房、1953年
  • 『美神の絵本』四季社、1954年
  • 『女・ところどころ』文陽社、出版年不明(2版は1956年)

脚注[編集]

  1. ^ 旧西本組本社ビル(2019年12月4日閲覧)
  2. ^ 漫協ニュース『小野佐世男 展』 開催中 - 2011年10月3日公開
  3. ^ 企画展 「小野佐世男 ―モガ・オン・パレード」 - 岡本太郎美術館 - PDFファイル
  4. ^ 編集復刻 ジヤワ從軍画譜 - PDFファイル
  5. ^ 忘れられた天才が描いた「美女」たち 「小野佐世男展 ~モダンガール・南方美人・自転車娘~」 - 2014年1月16日公開
  6. ^ 日本軍政期の3年半 プロパガンダポスターで振り返る インドネシアで初展示 - 2018年5月12日公開
  7. ^ 小野耕世 「時代を駆け抜けた父・小野佐世男」 『小野佐世男 モガ・オン・パレード』 小野佐世男展図録、2012年

参考文献[編集]

  • 『小野佐世男 モガ・オン・パレード』小野佐世男展図録、川崎市岡本太郎美術館・小野佐世男展実行委員会、2012年
    なお上記図録は美術館向けのもので、『モガ・オン・パレード 小野佐世男とその時代』のタイトルで岩波書店より一般向けのものも販売された。