小野光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 小野 光一 Golf pictogram.svg
Kouichi[1] Ono
基本情報
名前 小野 光一
生年月日 (1919-05-19) 1919年5月19日
没年月日 (2000-11-06) 2000年11月6日(81歳没)
出身地 中華民国の旗 中華民国(北京政府) 大連市
経歴
成績
初優勝 関東プロ1949年
殿堂表彰者
選出年 2012年
テンプレートを表示

小野 光一(おの こういち、1919年5月19日 - 2000年11月6日)は、中国大連市出身(旧満州生まれ)で日本国籍のプロゴルファー

経歴・人物[編集]

日本の外地領土であった満州(現・中国東北部)の大連で、中国人孫士釣として生まれる。1937年、大連の星ヶ浦GCでキャディとして働いていたところ、富士木材貿易社長の有富光門から誘いを受け、日本でプロゴルファーになるべく来日。有富が会員であった程ヶ谷カントリー倶楽部に入り、日本オープンチャンピオンの浅見緑蔵に弟子入りする。1949年関東プロで初優勝を挙げ、1950年に日本へ帰化し、小野光一と名前を改める。その後は1951年から1年置きに日本オープンを3度制するなど日本を代表する選手となり、1955年には日本プロも優勝し、カナダカップ日本代表にも初選出される。1957年には日本で開催されたカナダカップ(霞ヶ関カンツリー倶楽部)で中村寅吉と共に日本代表として出場し、サム・スニード&ジミー・ディマレーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)、ゲーリー・プレーヤー&ハロルド・ヘニング南アフリカの旗 南アフリカ連邦)、ピーター・トムソン&ブルース・クランプトンオーストラリアの旗 オーストラリア)、ダイ・リース&デーブ・トーマスウェールズの旗 ウェールズ)ら世界の強豪を抑えて団体戦優勝。練習ラウンドではアメリカ代表の全てのショットで度肝を抜かれたが、本番では高麗芝という難物に梃子摺ったアメリカはパッティングに苦しんだ[2]。大会初日こそ少し出遅れてアメリカに5打差の2位であったが[3]、続く2日目は10番ホールで中村がバンカーから直接カップインさせバーディ発進し、あがってみると中村68と小野70で、スニードは74も叩き、アメリカ281で日本が279と逆転[3]。3日目はアメリカの総合スコア142に対し、日本は中村67、小野68の135を叩き出し、アメリカを一気に引き離した[3]。日本優勝の公算が濃厚となった最終日はプレッシャーから固くなってしまい、2人は中村71、小野72という成績であったが、最終成績は4日間で日本が557打(19アンダー)と、団体で2位のアメリカに9打差とぶっちぎりであった。個人でも通算274の中村がアメリカ二人の281に勝ち、2位のスニードとプレーヤーに7打差を付け、小野も283でスタン・レオナルドカナダの旗 カナダ)と並ぶ5位タイ入賞となる[3]。この試合の模様は日本で初めてテレビ中継され、4日間のギャラリー数は1万7000人を超え、当時あまり普及していなかったはずのが5000台に達し、駐車場は満車となった。臨時駐車場を用意するほどの大フィーバーとなり[3]、これが日本のゴルフ発展の導火線となる。1958年には2年連続で中村と共に出場し、フランク・バックラー&アーニー・サウテルデン ニュージーランド)と並ぶ16位タイと連覇はならなかった。2年ぶりの出場となった1960年は島村祐正とペアを組み、団体17位に終わった。

2000年11月6日脳溢血のため逝去。81歳没。

2012年3月26日、第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者に選出される[4]

主な優勝[編集]

  • 1949年 - 関東プロ
  • 1951年 - 日本オープン
  • 1953年 - 日本オープン
  • 1954年 - 読売プロ
  • 1955年 - 日本オープン、日本プロ
  • 1958年 - 関東プロ
  • 1959年 - 関東プロ
  • 1962年 - 関東プロ
  • 1963年 - 関東プロ

脚注[編集]