小野宮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小野宮流(おののみやりゅう)は、平安時代に始まった有職故実の流派。藤原実頼を祖とする小野宮家に伝わる。

小野宮家[編集]

小野宮家
家紋
本姓 藤原北家小野宮流嫡流
家祖 藤原実頼
種別 公家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 藤原頼忠
藤原実資
藤原佐理
藤原公任
藤原定頼
支流、分家

御神本氏 (武家) 益田氏 (武家) 周布氏(武家)

土佐田村氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

小野宮流系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
藤原忠平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実頼師輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敦敏頼忠慶子述子斉敏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐理公任遵子諟子高遠実資懐平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼房定頼資平良円千古経通資平経任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経家資房資仲源経仲経季経平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公定公円定綱[1]公房資宗顕実顕仲季仲増覚通宗通俊経子睦子[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公通定実通輔実宗資信実範仲光信縁家実二条太皇太后宮大弐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定兼資重隆信公章家国資重資忠[3]毛呂季光兵衛佐局
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御神本国兼隆通斉章資兼[4]輔宗
 
 
 
 
 
盛房資政
 
 
 
 
 
資親季政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有季季親季村

脚注[編集]

  1. ^ 藤原頼通の4男。
  2. ^ 藤原実季室、公実苡子の母。
  3. ^ 藤原忠房の子。
  4. ^ 藤原泰季の子。