小野寺丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おのでら じょう
小野寺 丈
本名 小野寺 丈
生年月日 (1966-01-29) 1966年1月29日(54歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 166cm
血液型 B型
職業 俳優演出家作家
ジャンル テレビドラマ映画舞台など
配偶者 白石さおり
著名な家族 父・石ノ森章太郎
弟・小野寺章
事務所 太田プロダクション
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

小野寺 丈(おのでら じょう、1966年1月29日 - )は、日本俳優演出家作家である。

東京都出身。太田プロダクション所属。

略歴[編集]

日本大学藝術学部映画学科中退。 大衆演劇の「梅沢武生劇団」に一時、籍を置いた後、劇団JOE Companyを結成し、ほぼ全ての公演で脚本・演出・出演を務める。 その後、劇団活動を約10年間休止させた後、プロデュースユニットとして再出発させる。ひとり芝居や、三遊亭円窓落語を学び高座に上がるなどの経験も持つ。

実父である石ノ森章太郎原作の作品は百単位で数多く映像化されているが、シリーズものも含めて、小野寺が出演している作品は5作品である。近年、ドラマや映画、Vシネマなど活動の場を広げ、また舞台での活躍も増え、浜木綿子藤田まこと左とん平らに師事し、東宝や松竹製作の前述した役者の座長公演にもたびたび出演している。

1999年、タレントの白石さおりと結婚[1]。二児の父。長男は「小野寺永遠」、次男は「星流」の芸名で子役やモデルとして活動している[2][3]。 2012年2月、『サイボーグ009』の完結編となる小説『2012 009 conclusion GOD'S WAR』を脱稿し、同年9月25日に「I」(以前2006年に一度角川書店より発行し、今回改訂版を発行)、「II」を角川文庫より発行し、10月25日に「III」を発行。

エピソード[編集]

JOE Company[編集]

JOE Companyは10年間の活動休止後、現在はプロデュースユニットとしてプロデュースシステムに移行しているが、旗揚げした当初は所属劇団員を抱えた劇団システムであった。運営などはワンマンであったが、野田秀樹主宰の夢の遊眠社や、渡辺えり子主宰の劇団3○○、つかこうへい事務所のつかこうへいなど、一人の主宰者のエネルギーで座員を引っ張っていくスタイルは他劇団を見ても、小劇団を維持していくには必要なシステムであった。旗揚げしてから3年後『PLUSTIC-ILLUSION』という作品を契機に、所属劇団員の向上心と競争心を触発させることと作品のレベルアップを目的に、外部からキャリア豊かな実力のある客演を呼び始めた。小野寺自身もメインの役を張ることは多かったが、演技経験の浅い劇団員とは、少なからず実力の差が明らかなため、芯を張らざるを得なかった。その後、番外公演と称して、小野寺以外の劇団員だけによる創作と出演の舞台を、小野寺自身が企画し、二度ほど(キッドアイラックホールと旧・シアターグリーンにて)、提供したことがある。その最初の公演のパンフレットに、小野寺自身が《親獅子が子供を谷底に突き落とすような心境(中略)劇団員たちの自主性や実力の向上を願い、勉強してもらいたい》というような主旨のコメントを寄せていた。そして、客演を呼んだ際も、劇団員にもチャンスを与え、メインの役を与えることも多かった。劇団というスタイルを捨て、近年のプロデュースシステムに移行してからは、実力のある役者を集め、一般オーディションも敢行し、自身はほぼ全作、脇役に撤している。

JOE Companyの作品は旗揚げ当初から、86年「灯-TOMOSIBI-」は純愛コメディ、87年「エンジェルにはなりたくない」はファンタジー、88年「PLUSTIC-ILLUSION」はSF、88年「2000年ラプソディー」は伝奇ミステリー、89年「籠の中」はホラー、89年「TRAIN-PANIC」はパニックアクション、という様に作風やジャンルを毎作、変化させた。活動休止後プロデュースユニットに移行してからも、その姿勢は一貫している。

石ノ森章太郎[編集]

小野寺は『自分の存在価値とプライドにかけて「石ノ森の息子」とは、今後公言しないようにしたい。この番組で父の話をする事は最後にしたい』との発言(2008年NHKBS「とことん石ノ森章太郎」にて)をし、以降は石ノ森章太郎の息子という立場での出演やマスコミ等での発言が一切無い[4]

石ノ森の息子として体感してきたジレンマや苦悩などは、本人のブログに綴られている[5]。日テレ系「爆笑大問題」にて、大学在学中に「仮面ライダーのマスクのデザインを最終決定したのは自分だ」と自慢していたという旨を同窓の爆笑問題が明かしているが、この発言内容が事実かどうかは未だ問い質されていない。別の爆笑問題の番組にて、夏目漱石の孫が「そういう目で見られる事が嫌だった」という発言の際に、爆笑問題の田中が「石ノ森章太郎の息子に、息子ではないかと問い詰めたら、首を絞められた」 という主旨の発言をし、夏目漱石の孫が「その人の気持ちはわかる」と賛同するという場面があった。

1989年11月の新宿シアターモリエールでの劇団公演「トライアングルビジョン」の上演台本の執筆を父、並びにさいとう・たかを藤子不二雄Aの3人に依頼したことがある。その際に配布された小野寺丈のメッセージに、自分の苦悩などを綴っていた。

交流関係 [編集]

HOTEL』で長年共演してきた高嶋政伸石橋保赤坂晃との交流を続けている。

高嶋について「業界で心を許せる友を作るのも難しいが、真面目なんだけど、ちょい、いい加減、そんなとこが、やたらと波長が合った。」とし、近年は互いに多忙になり会う機会は減ったというものの、偶に政伸から連絡を貰い飲みに行く事があるという。小野寺によれば政伸はJOE Companyの公演が行う際はほぼ皆勤賞的に駆けつけてくるという[6]

石橋について元々、小野寺がファンだった『愛という名のもとに』の出演者だったと気づき声をかけた所、同年代だった事から意気投合したのだといい、「競争社会で親友の出来にくい芸能界での親友の1人」で若い頃は朝まで飲み明かすこともあったという[7]

番組終了後に不祥事で芸能界を去った赤坂について『晃君には、心があります。だから、いつ会っても、最初会った時と全く変わらずに会えます。(中略) 過去に何があったとしても、今、その人がどう頑張っているか、これから どう頑張ろうとしているかが大事だと いつも思うのです。』と綴り、不祥事を起こした過去がありながらもそれを乗り越えて更生しようと努力する晃の本心は出逢った時と変わらないと取れる内容をブログに綴った事がある[8]

赤坂との交流が切掛で出演者を集めた「HOTEL会」を開く事になり、こちらには不祥事は無けれど同じく芸能界を去った秋山純を招いている[9]。秋山とは赤坂の出所後に行われた単独ライブに、高嶋、佐野圭亮らと共に駆けつけている[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • エルカンパニー公演「THE WINDS OF GOD」紀伊国屋ホール・他(1995年 - )
  • エルカンパニー公演「ゆく年くる年」新宿シアターアプル
  • 東宝製作「真室川の女」東京宝塚劇場(1996年)
  • 東宝製作「金時きつね」東京宝塚劇場(1997年)
  • 東宝製作「売らいでか!」 東京:芸術座・東京:帝国劇場・名古屋:名鉄ホール・福岡:博多座(1997年 - 2005年)
  • 東宝製作「あばれ女将」帝国劇場(1999年)
  • 東宝製作「八木節の女」帝国劇場(1999年)
  • 東宝製作「人生はガタゴト列車に乗って…」帝国劇場(2000年)
  • 東宝製作「ねぶたの女」御園座(2000年)
  • 東宝製作「花のれん」帝国劇場(2001年)
  • 名鉄ホール製作「浮き世長屋は春爛漫」名鉄ホール(2001年)
  • コマ劇場・明治座・松竹製作「剣客商売」パート1 - 4(2001年 - 2008年)梅田コマ劇場・明治座・御園座・松竹座
  • 東宝製作「極楽町一丁目」東京:芸術座・名古屋:御園座・大阪:新歌舞伎座・福岡:博多座(2001年 - 2007年)
  • 明治座製作「必殺仕事人」明治座(2002年)
  • エルカンパニー公演「MAKOTO」新宿シアターアプル・福岡:西鉄ホール・神戸オリエンタル劇場(2002年)
  • 東宝製作「口八丁手八丁」帝国劇場(2003年)
  • 三越劇場製作「浅草ろまん 雪の花道」三越劇場(2004年)
  • 明治座製作「夫婦善哉」明治座(2004年)
  • 東宝製作「大吉夢家族」帝国劇場(2005年)
  • 明治座製作「忠臣蔵」明治座(2007年)

脚本[編集]

小説[編集]

  • 2012 009 conclusion GOD'S WAR I、II、III(2006年 - 2012年、角川書店 / 角川文庫)※全体の構想を石ノ森章太郎が手掛け、原稿も石ノ森の手によるものが残っていた部分はそれを基にしているため、石ノ森との共著という扱い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ミスコン53冠美女と結婚 故石ノ森章太郎の長男小野寺丈”. 中日新聞 (中日新聞社). (1999年10月31日). オリジナルの2000年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20001003181943/http://www.chunichi.co.jp/geinou/1999/1031gn1.htm 2015年8月11日閲覧。 
  2. ^ モデルプロフィール小野寺永遠クレヨン
  3. ^ モデルプロフィール星流クレヨン
  4. ^ 以降の作品で丈が名を連ねたとドラマで共演した水野真紀から連絡を貰う事があったものの、それらは弟の小野寺章の勘違いであるとブログで説明した事がある。([1])
  5. ^ 小野寺丈オフィシャルブログ「言いたくない、言われたくないワケ」より(2012年5月1日閲覧)
  6. ^ あの頃のまま
  7. ^ 保くん
  8. ^ 晃くん
  9. ^ HOTEL会
  10. ^ 佐野圭亮のツイートより