小野寺祐太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野寺祐太
Yuta-Onodera20101127.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県栗原郡栗駒町(現・栗原市
生年月日 (1990-03-12) 1990年3月12日(27歳)
身長 162cm
体重 46.5kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 伊藤正徳(2009.3.1 - 2012.4.20)
フリー(2012.4.21 -2014.1.31)
木村哲也(2014.2.1 -)
初免許年 2009年
免許区分 平地・障害[1]
テンプレートを表示

小野寺 祐太(おのでら ゆうた、1990年3月12日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の騎手

来歴[編集]

競馬学校25期生で、同期には国分恭介国分優作松山弘平丸山元気がいる。座右の銘は「日進月歩」、目標とする騎手は岩田康誠としていた[2]

2009年3月1日中山競馬場第5レースでデビュー。エアダーミに騎乗し5着だった。同年3月29日、中山競馬場第5レースでキングヴィオラに騎乗し、13戦目で初勝利を挙げた。同期で勝利を挙げたのは松山に続き2人目。

2011年11月20日以来勝利から遠ざかっていたが、2015年1月18日の中山2レースでトーセンスパンキーに騎乗し3年2ヶ月ぶりに勝利し、「いつ以来の白星か忘れてました」とコメントした[3]。(最長間隔勝利は鈴木慶太の6年3ヶ月ぶり)

騎乗馬確保のため2012年から障害レースにも騎乗。障害での初勝利は2015年7月19日であり、3年がかり(障害125戦目)でのものであったが、その前に同年4月18日中山グランドジャンプでJGI初騎乗を障害未勝利のままで果たしている。

2016年7月17日福島4レース障害3歳上未勝利で2番人気シゲルヒノクニに騎乗し勝利。2鞍目となった7レース3歳未勝利では5番人気セシルクラウンで勝利し、初めて1日で2勝を挙げた。

エピソード[編集]

  • 同じ3月12日生まれの騎手に岩田康誠細江純子小林淳一宮崎北斗がいる。
  • 2010年に女性向け競馬情報サイト「Uman(ウーマン).jp」のインタビュー(外部リンク参照)を受けた際、「フフフ(笑)」という回答を連発した(例「普段はどんな格好していますか」「フフフ(笑)」)。

騎乗成績[編集]

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2009年 3 3 9 187 .016 .032 .080
2010年 9 11 17 351 .026 .057 .105
2011年 7 6 18 370 .019 .035 .084
2012年 0 0 0 70 .000 .000 .000
2013年 0 1 0 56 .000 .018 .018
2014年 0 2 1 90 .000 .022 .033
2015年 2 5 5 123 .016 .057 .098
2016年 3 4 5 93 .032 .075 .129
中央 24 32 55 1340 .018 .042 .083
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
平地 初騎乗 2009年3月1日 2回中山2日5R 3歳未勝利 エアダーミ 16頭 7 5着
初勝利 2009年3月29日 3回中山2日5R 3歳未勝利 キングヴィオラ 18頭 1 1着
重賞初騎乗 2010年11月7日 5回東京2日11R アルゼンチン共和国杯 マキハタサイボーグ 18頭 18 11着
障害 初騎乗 2012年2月12日 1回東京6日4R 障害未勝利 バンクーバーリズム 14頭 14 中止
初勝利 2015年7月19日 2回福島6日4R 障害未勝利 トーセンハナミズキ 9頭 2 1着
重賞初騎乗 2014年10月13日 4回東京3日8R 東京ハイジャンプ アポロドーロス 14頭 14 11着
JGI初騎乗 2015年4月18日 3回中山7日11R 中山グランドジャンプ ミヤコデラックス 15頭 12 9着

関連項目[編集]

  • 後藤浩輝 - 兄弟子。ただし同時に所属した時期はない。

脚注[編集]