小野小町塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小町塚(井手町).jpg

小野小町塚(こまちづか)は、六歌仙及び三十六歌仙の一人小野小町と伝えられる。零落の果てに死んだとされる小野小町の墓は東北から九州まで全国にあると伝えられ、そのうち塚の形状のものについては「小野塚」「小町塚」等々称される。この項では、京都府綴喜郡井手町の小野小町塚について記述する。

概要[編集]

井手町に伝わる伝承では、小野小町は、晩年を井提寺(円提寺)に住み、玉川堤を散策したと伝えられる。小町の墓と伝えられる塚は、玉津岡神社参道の右脇にあり、周囲を石垣で囲った土壇上の礎石の上に、ほぼ立方体をした自然石を四個積み重ねている。この塚石は、井提寺(円提寺)の礎石とも伝えられる[1][2]

1143年(康治2年)「山城国井堤郷旧地全図」(模写1326年、1803年)で、現在の場所に建立されているのが描かれている。ただし、この模写は「椿井文書」ではないかと指摘されており、定かではない。   

背面に「清林」と刻まれており、建碑者の法名と考えられる[3]。  

伝承[編集]

小野小町が晩年を井手町で過ごしたとされる伝承の根拠としては、9世紀後半に成立したとされる小野小町の家集『小町集』や『新後拾遺和歌集』に「色も香もなつかしきかな蛙鳴く井出のわたりの山吹の花」と詠まれていることから、井手町に小野小町が実際に訪れていたことがうかがえる。また、鎌倉時代に成立したとされる『冷泉家流伊勢物語抄』やその記述に由来する近世の『山城名勝志』『和漢三才図絵』等によると、小野小町は、晩年、井提寺(円提寺)の別当の妻になり、69歳で井提寺にて没したとされる[4][5][6][7][8][9]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『山背古道ガイドブック【お気楽途中下車】』 山背古道推進協議会。
  2. ^ 下中邦彦 『京都府の地名』 平凡社、1981年、129頁。
  3. ^ 明川忠夫 『小町伝説を歩く-救いと貴種-』 初芝文庫、2003年、30-36頁。
  4. ^ 細川涼一 『中世寺院の風景』 新曜社、1997年、72-74頁。
  5. ^ 片桐洋一 『小野小町追跡 「小町集」による小町説話の研究』 笠間書院、1975年
  6. ^ 錦仁 『小町伝説の誕生』 角川書店、2004年
  7. ^ 京都新聞2009年11月12日(木曜日)24面
  8. ^ 三善貞司 『大阪伝承地誌集成』 清文堂出版、2008年、4-5頁。
  9. ^ 斎藤幸雄 『やましろ歴史探訪』 かもがわ出版、1998年、26頁。

座標: 北緯34度48分8.7秒 東経135度49分7.5秒 / 北緯34.802417度 東経135.818750度 / 34.802417; 135.818750