小野新町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小野新町駅
JR Ononiimachi sta 001.jpg
駅舎(2005年8月)
おのにいまち
Ononiimachi
夏井 (3.4 km)
(6.5 km) 神俣
福島県田村郡小野町大字谷津作字平舘10[2]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越東線[1]
キロ程 40.1 km(いわき起点)
電報略号 オニ←ヲニ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
371人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1915年大正4年)3月21日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[2]
テンプレートを表示

小野新町駅(おのにいまちえき)は、福島県田村郡小野町大字谷津作(やつざく)字平舘(ひらたて)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越東線である[2]。線内の拠点駅であり、郡山方面からの列車は大部分が当駅で折り返す。

歴史[編集]

  • 1915年大正4年)3月21日:平郡西線(当時)の三春駅から延伸した際に終着駅として開業[1]
  • 1917年(大正6年)10月10日:当駅から平郡東線(当時)小川郷駅までの区間が開業。平(現・いわき)駅 - 当駅 - 郡山駅間が磐越東線となり、当駅もその所属の中間駅となる。
  • 1987年昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。
  • 2019年令和元年)6月:無人駅管理業務を郡山駅に移管。自駅単独管理となる。
  • 2021年(令和3年)2月1日:業務委託化[3]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である[2]。駅舎とホームは地下通路で連絡している[2]

郡山駅が管理しJR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅みどりの窓口[2]、簡易自動券売機設置。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 磐越東線 下り 郡山方面[4]
上り いわき方面[4]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は371人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 629 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 594 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 541 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 520 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 516 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 530 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 508 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 520 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 487 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 481 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 454 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 453 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 424 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 401 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 383 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 394 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 407 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 408 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 390 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 371 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅前(2011年2月)

バス路線[編集]

駅周辺に「小野駅前」停留所があり、福島交通郡山駅磐城石川駅、小平方面)と新常磐交通川内、上三坂方面)の路線が発着する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越東線
夏井駅 - 小野新町駅 - 神俣駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c “開業100周年祝う JR磐越東線小野新町駅” 福島民報 (福島民報社). (2015年3月22日)
  2. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、27頁。
  3. ^ 駅業務委託の拡大について【提案】 (PDF)” (日本語). JREU仙台地本業務部 (2020年11月26日). 2020年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月28日閲覧。
  4. ^ a b 時刻表 小野新町駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月20日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。

関連項目[編集]