小野村 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
小野村
廃止日 1955年5月3日
廃止理由 新設合併
小野村野蒜村宮戸村鳴瀬町
現在の自治体 東松島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
桃生郡
団体コード なし
面積 29.72km²
総人口 7,080
(『宮城県町村合併誌』、1955年5月2日)
隣接自治体 桃生郡矢本町大塩村野蒜村
遠田郡南郷町
宮城郡松島町
小野村役場
所在地 宮城県桃生郡小野村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

小野村(おのむら)は、昭和30年(1955年)まで宮城県桃生郡南西部にあった村。現在の東松島市小野・牛網・川下・上下堤・高松・新田・根古・浜市・西福田にあたる。

地理[編集]

沿革[編集]

  • 明治14年(1881年) - 大網村を小野本郷に編入。
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、小野本郷・牛網村・川下村・上下堤村・高松村・新田村・根古村・浜市村・西福田村の計9か村が合併して小野村が発足。
  • 昭和30年(1955年)5月3日 - 野蒜村宮戸村と合併し、鳴瀬町となる。

行政[編集]

首長[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 安積雄一郎 明治22年(1889年)4月 明治23年(1890年)3月
2 斎藤勘兵衛 明治23年(1890年)4月 明治25年(1892年)3月
3 佐藤留治 明治25年(1892年)3月 明治31年(1898年)10月
4 熱海佐蔵 明治31年(1898年)10月 明治32年(1899年)4月
5 石垣亀蔵 明治32年(1899年)5月 明治37年(1904年)5月
6~7 熱海郁治 明治37年(1904年)5月14日 明治42年(1909年)1月31日
8 丁子友治 明治42年(1909年)3月6日 明治43年(1910年)5月2日
9 福島斎治 明治43年(1910年)12月10日 大正3年(1914年)12月7日
10~11 丁子友治 大正4年(1915年)3月19日 大正9年(1920年)4月15日 再任
12 熱海郁治 大正9年(1920年)8月5日 大正13年(1924年)7月27日 再任
13 斎藤三十郎 大正14年(1925年)1月7日 昭和3年(1928年)12月26日
14 丁子友治 昭和4年(1929年)1月22日 昭和5年(1930年)4月30日 三任
15 熱海光雄 昭和5年(1930年)5月24日 昭和9年(1934年)5月23日
16 安倍亀治 昭和9年(1934年)6月14日 昭和13年(1938年)6月13日
17 熱海光雄 昭和13年(1938年)6月22日 昭和17年(1942年)6月21日 再任
18 茂木兵右ェ門 昭和17年(1942年)7月14日 昭和20年(1945年)12月15日
19 梅森軍記 昭和21年(1946年)2月14日 昭和22年(1947年)1月31日
20 成沢源太郎 昭和22年(1947年)3月15日 昭和26年(1951年)10月31日
21 熱海斉 昭和26年(1951年)12月4日 昭和30年(1955年)5月2日

交通[編集]

鉄道[編集]

参考文献[編集]

  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958年)

関連項目[編集]