小野正一 (奈良県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小野 正一(おの まさいち、1897年明治30年)3月1日[1] - 1978年昭和53年)2月12日[2])は、日本の弁護士。官選奈良県知事

経歴[編集]

三重県出身[1]1922年11月、高等試験行政科試験に合格。1923年中央大学専門部法学科を中退。1924年、文官高等試験司法科試験に合格。1925年東京市事務員となり、同市高級助役岡田忠彦秘書を務めた[1][3]

1927年、弁護士の登録を行い松本烝治法律事務所に所属。安田保善社嘱託、産業設備営団嘱託などを務める[1]

1946年1月、奈良県知事に就任したが、同年10月、公職追放となり退任した。その後、再び弁護士として活動[1][3]。趣味の音楽の関係でNHK交響楽団顧問を務め、また国鉄動力車労働組合天王寺支部顧問となった[1]

著作[編集]

  • 『銀行取引法概論』巌松堂書店、1931年。
  • 『人間とは何か』原書房、1975年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』726頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』306頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』234頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。