小野浜町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 小野浜町
神戸ポートターミナルより三井桟橋方面を望む。

小野浜町(おのはまちょう)は兵庫県神戸市中央区町名。丁番を持たない単独町名である。郵便番号は651-0082。

地理[編集]

新港の東側(旧・葺合区側)にあたる。神戸港の倉庫・港湾施設が立ち並ぶ。

東は生田川を挟み脇浜海岸通、また摩耶大橋で摩耶埠頭と接続、南は神戸港港島トンネル港島人工島ポートアイランド)と接続、南西から西は新港町、北は浜辺通に接する。

歴史[編集]

小野とは新生田川と旧生田川(フラワーロード)に挟まれた南の平野地で、平安時代より「生田の小野」と呼ばれた歌枕の地で、北野や夢野とともに神戸七野の一つに数えられる。その浜辺一帯だから小野浜と呼ばれる。

  • 寛文4年(1664年)、新田開発が行われ、尼崎藩の検地を受け、小野新田として生田村より独立。
  • 文久3年(1863年)、将軍徳川家茂が摂海巡視に訪れた際にこの地に上陸し、勝海舟の建議で翌元治元年、(旧)生田川東岸に外国人墓地(小野浜墓地)が設けられる。また西岸に幕府海軍操練局が設置されたが翌年廃止。
  • 明治8年(1875年)、加納宗七が旧生田川東岸の小野浜に港湾を開設し、小野浜などと呼ばれた。
  • 明治11年(1878年)、英国人カービーが小野浜造船所を開設。明治17年海軍省が買収。明治28年(1895年)閉鎖される。
  • 明治31年(1898年)、葺合区が旧小野浜造船所の入江の一部を埋立てる。
  • 大正5年(1916年)、鉄道院による埋立て工事。
  • 大正6年(1917年)、東神倉庫による埋立て工事。
  • 大正7年(1918年)、葺合浜辺通一~八丁目地先の、明治から相次いで作られた埋立地に「小野浜町」と命名、埋め立ては後も続いた。
  • 大正8年(1920年)、第二期神戸港修築計画が開始。
  • 昭和6年(1931年)、葺合区所属。
  • 昭和12年(1937年)、第5・6突堤などが完成。
  • 昭和26年(1951年)、第7突堤着工。
  • 昭和29年(1954年)、第8突堤着工。
  • 昭和34年(1959年)、第5~8突堤に至る埋立地を編入。
  • 昭和42年(1967年)、埋立地を編入。
  • 昭和49年(1974年)、磯上通一~八丁目・浜辺通一~八丁目の各一部を編入。
  • 昭和54年(1979年)、ハーバーハイウェイが完成。
  • 昭和55年(1980年)、葺合区・生田区の合併で中央区所属。
  • 平成10年(1998年)7月、新港第5~8突堤の間の埋め立てが完了し、新港東埠頭となる。
  • 平成11年(1999年)7月神戸港港島トンネル開通。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数6、人口12、うち男性人4、女性人8[1]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数15・人口36[2]

施設[編集]

『角川日本地名大辞典』によれば神戸税関小野浜出張所・運輸省第三港湾建設局神戸港工事事務所・同神戸機械整備事務所・大阪鉄道管理局神戸港貨物区・神戸綿花会館・第4突堤派出所・第7突堤派出所・農林水産省神戸農林規格検査所・新港貿易会館・三井桟橋・第5~8突堤(現在は間が埋め立てられ新港東埠頭となる)があるという[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月23日閲覧。
  2. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1988

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803。