小野清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小野 清子
おの きよこ
Kiyoko Ono 2003.jpg
生年月日 (1936-02-04) 1936年2月4日
出生地 日本の旗 日本 宮城県岩沼市
没年月日 (2021-03-13) 2021年3月13日(85歳没)
出身校 東京教育大学体育学部卒業
前職 体操選手、セントラルスポーツ株式会社社外取締役
所属政党 自由民主党
称号 従三位
旭日大綬章
体育学士(東京教育大学、1958年

内閣 第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
在任期間 2003年9月22日 - 2004年9月27日

選挙区東京都選挙区→)
比例区
当選回数 3回
在任期間 1986年7月8日 - 1998年7月25日
2001年7月29日 - 2007年7月28日
テンプレートを表示
獲得メダル
体操競技
オリンピック
1964 女子 体操団体
アスリート時代の小野

小野 清子(おの きよこ、1936年2月4日 - 2021年3月13日)は、日本体操選手政治家勲等旭日大綬章旧姓大泉

参議院議員(3期)、環境政務次官(第2次海部改造内閣)、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長国家公安委員会委員長(第6970代)、内閣府特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策担当、食品安全担当)参議院予算委員長独立行政法人日本スポーツ振興センター理事長、笹川スポーツ財団理事長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

宮城県岩沼市に生まれ、その後秋田県秋田市に移る。幼少時、病弱だったため体操を始めた。

1952年の国民体育大会で後の夫となる同じ秋田県出身で4学年上の体操選手の小野喬と知り合った[1]。師弟として、喬の指導を受けるうちに互いに恋が芽生え、東京教育大学(現・筑波大学)体育学部を卒業後の1958年に結婚した[1]

体操選手として[編集]

慶應義塾大学体育研究所に勤務しながら体操の技能を磨いた清子は1960年ローマオリンピック(24歳)、1964年東京オリンピック(28歳)と夫婦そろって連続出場(夫の喬は1952年ヘルシンキオリンピック1956年メルボルンオリンピックから4大会連続出場)した。特に東京大会では1男1女の2児の母として出場し、赤の長袖レオタードに白のエレガンスシューズ姿で演技をこなし、体操競技で団体銅メダルを得た。夫との間には息子2人、娘3人がいる[1]

体操選手を引退後は中央教育審議会委員など、各種審議会委員を務めてスポーツを通じた青少年教育に従事。

政治家として[編集]

1986年第14回参議院議員通常選挙に当時の総理総裁中曽根康弘の要請で立候補し、東京都選挙区で初当選。中曽根派に所属し、第18回参議院議員通常選挙での落選を挟み、通算3期18年間議員を務めた。

日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長や日本オリンピック委員会理事、国際養神会合気道連盟の会長や日本オリンピアンズ協会日本バスケットボール協会の副会長などスポーツ・文教関係の役職を歴任した。

小泉政権[編集]

第1次小泉第2次改造内閣で初入閣。国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(食品安全担当)の3ポストを兼任し、第2次小泉内閣でも留任した。その後も、女性初の参議院予算委員長、自由民主党紀委員会副委員長を歴任した。

2007年、3期の任期満了と共に政界から引退した。

政界引退後[編集]

2008年4月、長年に亘るスポーツ界並びに政界への功績により日本政府より春の叙勲旭日大綬章を受章することが発表された。日本のスポーツ選手経験者としては初となる大綬章叙勲でもある。

また、2007年10月より[2][3]日本スポーツ振興センターの理事長を務めた(銭谷眞美からの依頼[4])。2011年の任期満了により理事長を退任し、小野の後任には日本アンチ・ドーピング機構会長などを務めた医学者河野一郎が就任した[5]

2015年5月、日本バスケットボール協会副会長に就任[6]

2021年3月13日、死去[7][8]。85歳没。同年1月中旬に自宅で転倒して骨折し入院していた最中に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染。治療を受けていたが容体が急変し13日に死去したと、生前所属していた自由民主党が3月18日に発表した[9]。日本国政府は4月9日の閣議で死没日をもって従三位に叙すことを決定した[10][11]

エピソード[編集]

  • 学生時代に日本放送協会(NHK)の『テレビ体操』に出演したことがあったという[4]
  • 崇教真光の神組み手(信徒)。1990年の秋季大祭に出席し、祝辞の中で「この度の三十一周年秋季大祭には、是非組み手の一人として参加させていただきたいと念じておりました。お蔭様で、十月十六日に御み霊を頂戴してこの大祭に参加できましたこと、真に有難く感激で一杯でございます。」と語っている[12]

年譜[編集]

著書[編集]

  • 『美しくやせるラクラク体操 (ゴマブックス)ごま書房, 1974
  • 『リフレッシュ体操 若さと美をつくるひみつ (Palbooks)教育出版, 1975
  • 『子どもに体力をつける本 母と子のスポーツライフ (学研の家庭教育シリーズ)学習研究社, 1980.11
  • 『生涯楽しめるやさしいシェイプアップ』文化出版局, 1985.8
  • 『ゴンボちゃんのウルトラC :わたしのジョッパリ人生』主婦と生活社, 1986.6

共著[編集]

  • 『ゼロ歳からの体操 より健やかに,より若く,より美しく』小野喬共著. 大光社, 1967
  • 『家庭の健康体操 (美と健康のシリーズ)小野喬共著. 成美堂書店, 1968
  • 『さあ!ながら体操 (エース・ブックス)小野喬共著. 自由国民社, 1968
  • 『ホーム・アスレチックス あなたの行動を豊かにする』小野三嗣共著. 赤ちゃんとママ社, 1980.7
  • 『体操競技を見るための本 (スポーツの見どころシリーズ) 遠藤幸雄共著. 同文書院, 1982.6
  • 『体を使えば知も働く』小野喬共著. 日本生産性本部, 1985.1
翻訳
  • イオン・グルメツァ『コマネチ その秘められた素顔』監訳. パシフィカ, 1977.5

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 読売新聞大阪本社運動部『ザ・ヒーロー戦後スポーツの40人』読売新聞、1996年。ISBN 4-643-96076-0。
  2. ^ 公益財団法人日本スポーツクラブ協会の歩み
  3. ^ ⑤文部科学省 - 総務省
  4. ^ a b 第27回 小野清子さんインタビュー03 ― 選手インタビュー|NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  5. ^ 「文部科学省」『【人事】文部科学省 - MSN産経ニュース産経デジタル2011年9月17日
  6. ^ 川淵新会長が誕生、副会長は小野、三屋氏に バスケ理事会
  7. ^ "小野清子さんが死去". 共同通信. 共同通信社. 17 March 2021. 2021年3月17日閲覧
  8. ^ "メダリスト初の国会議員、小野清子さん死去 85歳". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 18 March 2021. 2021年3月18日閲覧
  9. ^ “小野清子さんが死去 体操五輪銅メダリストで元参院議員”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2021年3月18日). https://www.sankei.com/sports/news/210318/spo2103180026-n1.html 2021年3月18日閲覧。 
  10. ^ 『官報』第477号10頁 令和3年4月20日号
  11. ^ 故小野清子氏に従三位 - 時事ドットコム 2021年4月9日
  12. ^ 崇教真光機関誌「真光」1990年12月号
  13. ^ 新体制発足ならびに小野清子理事長退任のご案内(笹川スポーツ財団プレスリリース)
  14. ^ 小野清子元会長ご逝去 - 日本オリエンテーリング協会
  15. ^ JGU会長交代のお知らせ-日本ゲートボール連合
  16. ^ “川淵三郎氏と小野清子氏に功労章、五輪発展に寄与”. 日刊スポーツ. (2016年10月19日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1726543.html 2016年10月20日閲覧。 

関連項目[編集]

公職
先代:
谷垣禎一
日本の旗 国家公安委員会委員長
第69・70代:2003年 - 2004年
次代:
村田吉隆
先代:
谷垣禎一
日本の旗 特命担当大臣食品安全
第2・3代:2003年 - 2004年
次代:
棚橋泰文
先代:
創設
日本の旗 特命担当大臣青少年育成及び少子化対策
初・第2代:2003年 - 2004年
次代:
南野知惠子
議会
先代:
中曽根弘文
日本の旗 参議院予算委員長
2005年 - 2006年
次代:
尾辻秀久
先代:
松浦孝治
日本の旗 参議院文教委員長
1995年 - 1996年
次代:
清水嘉与子