小野田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おのだし
小野田市
焼野海岸
焼野海岸
小野田市章 小野田市章
小野田市旗 小野田市章
廃止日 2005年3月22日[1]
廃止理由 新設合併
小野田市山陽町山陽小野田市[1]
現在の自治体 山陽小野田市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
市町村コード 35209-8
面積 43.09km2.
総人口 45,084
国勢調査、2000年)
隣接自治体 宇部市厚狭郡山陽町
市の木
市の花
小野田市役所
所在地 756-8601
山口県小野田市日の出1-1-1
座標 北緯34度00分11秒 東経131度10分54秒 / 北緯34.00308度 東経131.18178度 / 34.00308; 131.18178座標: 北緯34度00分11秒 東経131度10分54秒 / 北緯34.00308度 東経131.18178度 / 34.00308; 131.18178
 表示 ウィキプロジェクト

小野田市(おのだし)は、山口県の南西部にあった1940年昭和15年)11月3日小野田町高千帆町合併により誕生した。

2005年平成17年)3月22日山陽町と合併して山陽小野田市になり、消滅した[1]

地理[編集]

市の中央を有帆川が流れ瀬戸内海周防灘)に注いでいる。有帆川両岸をはじめとする平野部に市街地が開けているが、干拓地が多い。市北部や宇部市との境は丘陵地帯となっている。

歴史[編集]

行政[編集]

歴代市長[編集]

特記なき場合『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』などによる[2]

官選
氏名 就任 退任 備考
1 広沢豊作 1941年(昭和16年)1月6日 1942年(昭和17年)4月11日 在任中に死去
2 細迫兼光 1942年(昭和17年)6月25日 1945年(昭和20年)12月28日
3 中野暢 1946年(昭和21年)1月28日 1947年(昭和22年)3月8日
公選
氏名 就任 退任 備考
1 久野東一 1947年(昭和22年)4月5日 1950年(昭和25年)10月24日
2 姫井伊介 1950年(昭和25年)12月3日 1954年(昭和29年)12月2日
3 川村一与 1954年(昭和29年)12月3日 1966年(昭和41年)11月24日 辞職
4 川村政一 1966年(昭和41年)11月25日 1982年(昭和57年)11月14日
5 岡勇 1982年(昭和57年)11月15日 1990年(平成2年)11月14日
6 杉原記美 1990年(平成2年)11月15日 2005年(平成17年)3月21日 廃止

産業[編集]

明治維新後、セメントを中心とした工業都市として発展。隣接する宇部市と共に、北九州工業地帯の一角を担っている。

市内にある主な企業[編集]

水産業[編集]

  • 高泊漁港
  • 刈屋漁港

地域[編集]

公共施設[編集]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 小野田市立小野田中学校
  • 小野田市立高千帆中学校
  • 小野田市立竜王中学校

小学校[編集]

  • 小野田市立小野田小学校
  • 小野田市立須恵小学校
  • 小野田市立有帆小学校
  • 小野田市立高泊小学校
  • 小野田市立高千帆小学校
  • 小野田市立赤崎小学校
  • 小野田市立本山小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 名所・観光地
  • 公園
    • 江汐公園
    • 竜王山公園
  • 温泉
  • 海水浴場
    • きららビーチ焼野

小野田市出身の有名人[編集]

スポーツチーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “山陽小野田市誕生10周年 市民ら発展誓い合う”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年3月23日)
  2. ^ 歴代知事編纂会 1983, 205-209頁.

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第3巻 歴代知事編纂会、1983年。 

関連項目[編集]