小野美材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小野美材
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 延喜2年(902年
官位 従五位下大内記
主君 光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野俊生または小野忠範
忠時
養子:高向利春
テンプレートを表示

小野 美材(おの の よしき)は、平安時代前期の貴族文人能書家参議小野篁の孫。大内記・小野俊生または大内記・小野忠範の子。官位従五位下・大内記。

経歴[編集]

文章生から仁和2年(886年文章得業生を経て、寛平4年(892年対策に及第し、寛平6年(894年少内記に任ぜられる。この間の元慶4年(880年)には史上初めて穀倉院学問料の支給を受けたともされる[1]

寛平9年(897年)従五位下・大内記に叙任され、のち伊予権介信濃権介と地方官も兼ねた。延喜2年(902年)卒去[1]

人物[編集]

に卓越し、寛平9年(897年)の醍醐天皇大嘗会では、悠紀主基屏風の色紙形の清書を行っている。また大内裏の西面三門(談天門藻壁門殷富門)の額字を書いたとされる[2]。なお、他の三面は三筆の手による物(南面・弘法大師、北面・橘逸勢、東面・嵯峨天皇)とされており、美材が三筆に比肩する腕前と見られていた様子が窺われる。

また詩文にも秀で、漢詩作品が『本朝文粋』や『菅家後集』に採られるとともに、勅撰歌人として『古今和歌集』に2首、『後撰和歌集』に1首の和歌作品が採録されている[3]

官歴[編集]

『古今和歌集目録』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『古今和歌集目録』
  2. ^ 『古今著聞集』能書第8,287「弘法大師等内裏十二門の額を書す事併びに行成美福門の額修飾の事」
  3. ^ 『勅撰作者部類』
  4. ^ 『尊卑分脈』
  5. ^ a b 「小野氏系図」『続群書類従』巻第166
  6. ^ 「小野氏系図」『群書類従』巻第63

参考文献[編集]