小野錦喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小野錦 喜三郎(おのにしき きさぶろう、1922年3月20日 - 1990年11月24日)は、大阪府大阪市住吉区出身で、1950年代に活躍した大相撲力士である。本名は池川 善雄(いけがわ よしお)。最高位は東前頭16枚目(1957年11月場所)。現役時代の体格は176cm、98kg。得意手は右四つ、突っ張り櫓投げ

来歴・人物[編集]

16歳の時に陣幕部屋へ入門し、1938年5月場所で初土俵を踏んだ。それから間も無く、陣幕親方が亡くなり、これによって部屋の力士全員が小野川部屋に移籍。その後、兄弟子の青葉山が陣幕部屋を再興した時に陣幕部屋へ異動するも引退後暫くしてから部屋を閉じたため、再び小野川部屋へ移っている。

1943年幕下まで昇進したところで兵役に服し、終戦まで復帰が叶わなかった。1946年11月場所に於いて三段目格で復帰した後も、幕下に長く停滞し、1955年1月場所で漸く十両昇進を果たす。この時、既に32歳となっていた。

その後は2年ほど十両に在ったが、1957年3月場所にて34歳11ヵ月という高齢で、新入幕を遂げた。34歳で新入幕という記録は過去にも殆んど類例がなく、これは2015年7月現在もなお破られていない、昭和戦後・平成以降の最高齢記録である。

突っ張りと右四つからの投げを武器に活躍し、幕内在位は通算5場所に終わったが、十両に陥落後も暫く十両で頑張った。その頃には、自分が初土俵を踏んだ当時にはまだ生まれていなかった力士達とも、後の横綱大鵬(対戦成績は、小野錦の2勝1敗である)をはじめ数多く対戦している。

1960年3月場所では幕下に下がり、初日から休場して場所後、廃業した。廃業時の年齢は、38歳であった。

以後は故郷の大阪市で、相撲料理店「小野錦」を経営した。

1990年11月24日、腎臓癌のため逝去。享年68。

エピソード・家族[編集]

  • 結婚したのは、新入幕を果たした1957年3月場所が終わった直後の事である。結婚相手の寿美子との間には、間も無く長男の清隆(名前は、栃錦清隆に因む)を授かっている。
  • 趣味は昆虫を飼う事で、特にコオロギキリギリスが好きだったという。
  • 中学校卒業後に角界入りした長男・清隆(きよたか、1957年12月20日生まれ)は、三保ヶ関部屋の元力士・芙蓉峰(ふようみね)である。1973年9月場所にて、15歳で初土俵を踏んだ。以後、1982年9月場所まで約9年現役に在ったが、関取にはなれずに終わっている(最高位:東三段目29枚目)。なお、序ノ口に付いた時の四股名は、父のそれと同じ「陣ノ花」であった。角界を去った後は、父の後を継ぎ、相撲料理店「小野錦」の店主となった。
  • なお清隆は、1995年11月10日に放送された『料理の鉄人』に於いて、陳建一と料理の腕を競った事もある(当時の若松親方(元大関・朝潮)らが判定人となったが、惜しくも陳に敗れている)。
  • 北の富士が現役時代のある日に小野川部屋に出掛けた際、部屋の冷蔵庫を開けるとリンゴにマジックインクで「小野錦」と書かれていた[1]

主な成績・記録[編集]

  • 現役在位:61場所
  • 通算成績:356勝367敗20休 勝率.492
  • 幕内在位:5場所
  • 幕内成績:31勝44敗 勝率.413

場所別成績[編集]

小野錦 喜三郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1938年
(昭和13年)
x x (前相撲) x x x
1939年
(昭和14年)
西 新序
1–2 
x 東 序ノ口 #8
5–3 
x x x
1940年
(昭和15年)
西 序二段 #39
5–3 
x 西 三段目 #60
4–4 
x x x
1941年
(昭和16年)
西 三段目 #53
3–5 
x 西 三段目 #68
4–4 
x x x
1942年
(昭和17年)
東 三段目 #71
5–3 
x 西 三段目 #38
5–3 
x x x
1943年
(昭和18年)
東 幕下 #45
3–5 
x x x x x
1944年
(昭和19年)
x x x x x x
1945年
(昭和20年)
x x x x x x
1946年
(昭和21年)
x x x x x 西 三段目
5–2 
1947年
(昭和22年)
x x 西 幕下 #21
3–2 
x x 東 幕下 #11
3–3 
1948年
(昭和23年)
x x 東 幕下 #8
2–4 
x x 東 幕下 #20
3–3 
1949年
(昭和24年)
西 幕下 #18
0–0–12 
x 西 三段目 #5
10–5 
x 西 幕下 #20
7–8 
x
1950年
(昭和25年)
西 幕下 #22
8–7 
x 東 幕下 #17
9–6 
x 西 幕下 #11
7–8 
x
1951年
(昭和26年)
西 幕下 #12
6–9 
x 東 幕下 #17
7–8 
x 西 幕下 #17
11–4 
x
1952年
(昭和27年)
西 幕下 #5
5–10 
x 東 幕下 #11
8–7 
x 西 幕下 #4
6–9 
x
1953年
(昭和28年)
西 幕下 #7
6–9 
東 幕下 #11
4–4 
東 幕下 #11
4–4 
x 西 幕下 #9
5–3 
x
1954年
(昭和29年)
東 幕下 #6
4–4 
東 幕下 #5
4–4 
西 幕下 #4
4–4 
x 西 幕下 #2
5–3 
x
1955年
(昭和30年)
東 十両 #20
7–8 
東 十両 #22
8–7 
東 十両 #16
10–5 
x 東 十両 #8
6–9 
x
1956年
(昭和31年)
東 十両 #12
9–6 
西 十両 #6
9–6 
東 十両 #2
7–8 
x 東 十両 #4
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
東 十両 #3
9–6 
東 前頭 #23
5–10 
東 十両 #3
10–5 
x 西 前頭 #20
8–7 
東 前頭 #16
5–10 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #20
7–8 
東 前頭 #22
6–9 
東 十両 #2
5–10 
東 十両 #7
7–8 
西 十両 #8
8–7 
西 十両 #7
7–8 
1959年
(昭和34年)
西 十両 #8
7–8 
西 十両 #8
4–11 
東 十両 #17
7–8 
東 十両 #18
9–6 
東 十両 #13
7–8 
西 十両 #14
7–8 
1960年
(昭和35年)
東 十両 #16
3–12 
東 幕下 #5
引退
0–0–8
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名の変遷[編集]

  • 陣ノ花(じんのはな)1939年5月場所-1949年1月場所
  • 陣乃花(じんのはな)1949年5月場所-同年10月場所
  • 小野錦(おのにしき)1950年1月場所-1960年3月場所

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p140

関連項目[編集]