小阪有花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こさか ゆか
小阪 有花
プロフィール
別名義 小阪 由佳
愛称 ゆかちん
コサカーナ
生年月日 1985年6月27日
現年齢 36歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 A型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 169 cm / 48.5 kg
BMI 17
スリーサイズ 88 - 58 - 84 cm
靴のサイズ 24.0 cm
活動
デビュー 2004年
ジャンル グラビア
モデル内容 水着
他の活動 タレント女優
その他の記録
ミスマガジン2004 グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

小阪 有花(こさか ゆか、1985年6月27日 - )は、日本の美容関連の実業家、チャイルドカウンセラー、元タレント。神奈川県出身[2]

2004年から2009年までグラビアアイドルとしてA-team(エーチーム)A-PLUSに所属していた。

2015年8月29日に、小阪 由佳から、現在の名前に改名した[3]

来歴[編集]

渋谷でスカウトされたことを機にA-teamと契約し[動画 1]、2004年4月、『ミスマガジン2004』セミファイナル16名の中の一人としてエントリー。ファイナリスト5名まで進み、同年7月5日、同年度のミスマガジングランプリを受賞[4][5]。読者特別賞を受賞した山崎真実と共にサークルKサンクス(現:ファミリーマート)のCMに出演した他、『開運音楽堂』(TBSテレビ)を始めとするバラエティ番組や、ドラマ・映画にも多数出演した[動画 2]。A-teamグループとしては小阪から2020年新井遥[6]A-Light所属)まで16年間ミスマガジングランプリ受賞者が出なかった。

2008年フジテレビ系のバラエティ番組〜ジョーデキ!POP COMPANY〜POP屋』から生まれた口パクアイドルユニット「Peachy's」を南明奈秋山莉奈とともに結成した。

2009年3月16日を最後にブログの更新はなく、同年4月29日付の東京スポーツでは引退が報じられた[7]が、この時点では所属事務所からの公式な発表はされなかったが、同年11月6日に本人の非公式ブログで結婚を予定していることを報告していたことが一部のニュースサイトで報道された[8]。同日に発売された写真週刊誌フライデー』(講談社)では結婚および引退記事と本人と思しきモノクロ写真が掲載された。また、所属事務所サイトの在籍タレントよりプロフィールの削除などが行われた[9]。当時ホリプロに所属していた滝口ミラは自身のブログで「あんなキャラでした? あの可愛い三日月オメメが…」と心配の声を上げている[10]

以後、本人のプライベートのブログ(現在、全記事削除済み)において、グラビアアイドル時代から変わり果てた容姿の写真や文章を掲載するようになる[動画 3]2010年2月11日にはイベント[注 1]にゲスト出演し、先述の容姿を披露し一部の芸能人の名誉を傷つける発言をして世間に物議を醸す[12]。これらの言動について、2012年に刊行された自身の著書やインタビューなどで、うつ病で芸能界を引退したことや、失恋した直後などの精神的不安定の時に、知り合いの1人である女性に影響を受け、彼女のアドバイスに従い行ったことを語っている[動画 3]。この女性とは暴力を受けたことを機に決別。過去の名誉棄損発言などを謝罪の上で撤回し、保育ルームで働く一方で、ファスティング・マイスターの資格を取得する。後に当時の状況を振り返り「(人気が)下がっていくかもしれないという不安に耐えられなかった」と「ミスマガTV」で述懐している[動画 4]

同年8月に美容向上のサポートを主旨とした企業「株式会社リバイバルミーティング」を起業[13][14]8月10日発行のフライデーにて、20kgの減量に成功したヌード写真を公開した[15]。同年8月30日に都内で行われた「酵水素328選」の商品説明会に約2年半ぶりに公の場に登場、芸能活動の再開は考えていないと否定した[16]

2015年4月、千葉県市原市の「ウィズママ保育園[注 2]」を立ち上げ、2016年7月の契約終了までにプロデュースを手掛けるとともに自身も同保育園で勤務した[17][18]

人物・エピソード[編集]

  • 身長は169㎝[1]で、歴代のミスマガジングランプリ受賞者としては一番身長が高い。長身に長脚、スリーサイズなどに見られるスタイルの良さ、笑うと三日月目になるのが特徴(チャームポイント)[10]。一時期ミスマガジンのフットサルチームに所属していた。
  • 王様のブランチ』のリポーターである中村明花[19]と仲が良く、また秋山莉奈木口亜矢[20]川村ゆきえ[21]山崎真実小林恵美二宮歩美など数多くのグラビアアイドルと交友がある。
  • 『アキハバラ@DEEP』では苦手なアクションシーンが多かったが、極寒のロケでも文句一つ言わずにこなした[22]。『テキトーTV』の「ミスダメ女コンテスト」では岡田圭右ますだおかだ)を相手にアクションを披露した。実際は一方的に殴る・蹴るをしていただけで、そのグダグダさが優勝の要因とされている。
  • バナナマンとの親交が深く、小阪の天然過ぎるキャラクターがラジオなどで明らかになり、バラエティ番組でフィーチャーされつつある。そのためバラエティで企画を相談されるほどである。
  • 水泳は「カナヅチ」だったが、DVDの撮影の際に泳いでみて周りの人間に指摘されるまでその自覚がまるでなく、自分は泳げると思い込んでいた。テレビ番組の企画で特訓し、50メートル泳げるまでに克服した。
  • 2006年の『24時間テレビ』深夜枠に行われた「熱湯コマーシャル」の復活放送で、熱湯風呂に入浴したものの熱がるリアクションを全く見せなかった。そのため、出川哲朗からフォローの意味を込めて「ちょっと頑張りすぎ」と突っ込まれた。

作品[編集]

シングル[編集]

  • エロ♥プリ★TRANCE〜ゆかちん魔法をかけちゃうゾ〜(2006年12月13日、フォーサイド・ドット・コム) - EAN 4571152118852
  • ママにはナイショ〜ゆかちんの秘めごと♥〜(2007年5月16日、ガールズパーティ) - EAN 4571152118517
  • I WISH...(2007年8月15日、ガールズパーティ) - EAN 4571152118364
  • Life for you(2007年12月12日、ガールズパーティ) - EAN 4571152118159

Peachy's

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

CSテレビ[編集]

インターネットテレビ[編集]

携帯サイト[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢 - オークション参加者(厚目妙)役
  • 巨乳をビジネスにした男(2007年) - 「堀川しおり」(堀江しのぶがモデル)役
  • ドリフト / ドリフト2(2006年) - 南彩美役
  • 角川ホラーシネマIII ラブ サイコ(2006年)
  • 野獣(クーガ)の檻 Nami 第42雑居房 (2007年) - なみ 役(DVD:野獣(クーガ)の檻 Nami 第42雑居房 2007年10月25日発売)
  • 学校の階段(2007年4月28日公開) - 中村ちづる 役(DVD:学校の階段 2007年10月26日
  • ハケンジコウ(2007年10月11日) - 薫 役
  • URAHARA(2008年3月15日公開(シネマート六本木にて特別レイトショー)- 渡辺彩 役(DVD:URAHARA 2008年10月30日発売)
  • カクトウ便(2008年3月29日公開(池袋シネマ・ロサにてレイトショー)- アカネ 役(DVD:カクトウ便Battle Run XX 2008年7月25日発売)

CM[編集]

ラジオ[編集]

イベント[編集]

  • 2005/2/19(土)『Sketch』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2005/11/27(日) 17:00 - 『Dear』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2006/6/17(土) 15:00 - 『sunlight shadow』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2006/10/9(月) 16:00 - 『アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2006/12/16(土) 13:00 - 『エロ♥プリ★トランス~ゆかちん魔法をかけちゃうゾ~』CD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/1/6(土) 17:00 - 『Mellow』DVD発売記念トーク&握手会 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/4/28(土) 14:00 - 『愛ってゆぅか、恋って由佳』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/5/19(土) 16:00 - 『ママにはナイショ ~ゆかちんの秘めゴト♥~』CD発売記念 石丸電気 SOFT2 8Fホール 12:00 - CD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/8/12(日) 16:00 - 『ゆかいろ』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/8/26(日) 14:00 - 『I wish...』CD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール 12:00 - 発売記念 石丸電気 SOFT2 8Fホール
  • 2007/10/13(土) 11:00 - 『Rhapsody - ラプソディ - 』DVD発売記念 石丸電気 SOFT2 8Fホール
  • 2007/11/25(日) 13:00 - Girls Partyスペシャルライブ 石丸電気 SOFT2 7Fホール
  • 2007/12/16(日) 17:00 - 『コサカイズム』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2007/12/22(土) 15:00 - 『Life for you』CD発売記念 石丸電気 SOFT2 8Fホール 13:00 - 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2008/3/9(日) 17:00 - 『恋旅』DVD発売記念 石丸電気 SOFT2 8Fホール
  • 2008/4/29(火) 13:00 - 『妄女』写真集 発売記念 福家書店銀座店
  • 2008/5/11(日) 12:00 - 『Special DVD-BOX』DVD発売記念 ソフマップ秋葉原アミューズメント館 8F
  • 2008/5/25(日) 17:00 - 『Yuka Days』DVD発売記念 ソフマップ秋葉原アミューズメント館 8Fホール
  • 2008/7/26(土) 17:00 - 『カクトウ便 1便 Battle Run XX』DVD発売記念 石丸電気 SOFT1 3Fホール
  • 2008/10/23(木) 18:30 - 『JRAスペシャルトークライブ』大阪中之島 リサイタルホール
  • 2008/11/9(日) 13:00 - 『URAHARA』DVD発売イベント SOFT 2 8Fホール 出演者 小阪由佳、大山貴世、山本早織
  • 2008/11/23(日) 16:00 - 2009年カレンダー 発売記念 福家書店・銀座店
  • 2009/1/12(月)15:00 - 『ViVA!KOSAKA~NA』DVD発売記念イベント 石丸電気 SOFT 2 8Fホール

パチンコ台[編集]

  • CRこくぱち(2007年10月導入、SANSEI R&D

書籍[編集]

写真集[編集]

  • DVDブック 小阪由佳 願い(2004年6月、撮影:倉繁利、星雲社)ISBN 4-4340-4581-4
  • こさかゆか (2005年2月、撮影:西条彰仁、アスコム)ISBN 4-7762-0224-7
  • 恋愛系バンビー(2005年7月、撮影:木村晴 、講談社)ISBN 4-0636-4641-6
  • 誘惑 (2006年3月、撮影:小塚毅之、彩文館出版)ISBN 4-7756-0116-4
  • ためらい (2006年11月、撮影:橋本雅司、ワニブックス)ISBN 4-8470-2963-1
  • 妄女 (2008年4月25日、ワニブックス) ISBN 978-4-8470-4087-0

カレンダー[編集]

  • 2005年 カレンダー (2004年12月10日)
  • 2006年 カレンダー (2005年9月24日)
  • 2007年 カレンダー (2006年10月7日)
  • 2008年 カレンダー (2007年10月6日)
  • 2009年 カレンダー (2008年10月4日)

ムック本[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『バレンタインちょこっとLOVEをあげる~歌姫☆サプライズ TEAM雪月花 小阪由佳 他 友達アイドル呼んじゃいました~』2010年2月11日、吉祥寺SHUFFLE[11]
  2. ^ 平成29年4月1日、同じく市原市の保育園と提携し「よつば保育園」に改名。

出典[編集]

  1. ^ a b 小阪有花 (2012年8月6日). “こんばんわ)^o^(”. オフィシャルブログ「recovery」. サイバーエージェント. 2020年10月6日閲覧。
  2. ^ 元グラドル小阪有花が語る「療養の日々、保育への思い」”. NEWSポストセブン. 小学館 (2019年5月6日). 2020年8月2日閲覧。
  3. ^ 小阪有花 (2015年8月29日). “皆様に、大切なご報告があります。”. オフィシャルブログ「recovery」. サイバーエージェント. 2020年10月6日閲覧。
  4. ^ 7年ぶり復活!斉藤由貴、倉科カナ、清水富美加ら歴代ミスマガジン集めてみた”. デイリー (2017年12月11日). 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ 引退10年…元グラドル小阪有花さんが子供たちに捧げる理由”. 日刊ゲンダイデジタル (2018年12月3日). 2020年7月16日閲覧。
  6. ^ “「ミスマガジン」新井遥、目標は2010年グランプリの新川優愛”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2020年10月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201007/gra20100705010002-n1.html 2020年10月12日閲覧。 
  7. ^ “グラビアアイドルの小阪由佳に引退報道、「精神的不安定」が原因か。”. Narinari.com. (2009年4月30日). http://www.narinari.com/Nd/20090411555.html 
  8. ^ “あのミスマガグランプリが結婚&妊娠で芸能界引退!?”. メンズサイゾー. (2009年11月6日). https://www.menscyzo.com/2009/11/post_502.html 
  9. ^ “小阪由佳が芸能界引退をブログで発表していた、フライデーが報じる。”. Narinari.com. (2009年11月6日). http://www.narinari.com/Nd/20091112572.html 
  10. ^ a b 滝口ミラ (2009年11月8日). “小阪由佳ちゅん”. ミラっちょ絵日記. サイバーエージェント. 2020年10月6日閲覧。
  11. ^ 吉祥寺SHUFFLEっ♪”. アキバ1の大和撫娘 松本香苗オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年2月11日). 2020年10月6日閲覧。
  12. ^ “小阪由佳がライブで暴露「熊田曜子は全身整形!!」 引退後初イベントレポ!!”. メンズサイゾー. (2010年2月12日). https://www.menscyzo.com/2010/02/post_881.html 
  13. ^ “小阪由佳、3年前の騒動の背景を激白 「新生 “小阪由佳”として美容家に」”. billboard japan. (2012年12月29日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/9111 
  14. ^ “小阪由佳激白 オセロ中島のように洗脳されてた”. 東京スポーツ. (2012年12月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/63858/ 2020年10月6日閲覧。 
  15. ^ “小阪由佳が衝撃ヌードで復活! AV転向が濃厚か”. メンズサイゾー. (2012年8月10日). https://www.menscyzo.com/2012/08/post_4469.html 2021年7月24日閲覧。 
  16. ^ “小阪由佳、23キロ減量で約2年半ぶり公の場”. スポーツ報知. (2012年8月30日). オリジナルの2012年9月4日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120904191744/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120830-OHT1T00172.htm 2021年7月24日閲覧。 
  17. ^ 保育園で“第二の人生”…元グラドル小阪由佳(有花)が語る今”. 日刊ゲンダイ (2015年10月5日). 2018年10月21日閲覧。
  18. ^ 自分にフォーカス
  19. ^ 正解は…”. 中村明花オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2008年2月8日). 2020年10月6日閲覧。
  20. ^ 撮影”. 木口亜矢オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2008年12月4日). 2020年10月6日閲覧。
  21. ^ 川村ゆきえ (2008年3月27日). “スター”. ゆっきーにっきー. サイバーエージェント. 2020年10月6日閲覧。
  22. ^ 同DVDメイキング映像による。

動画[編集]

  1. ^ ミスマガTV ミスマガ2004グランプリ小阪有花が今明かす、ドラマ・バラエティ・オーディション秘話!<後編> - YouTube(2019年10月5日)2020年10月6日閲覧。
  2. ^ ミスマガTV ミスマガ2004グランプリ小阪有花登場! 売れっ子グラビア時代の真実を吐露!<前編> - YouTube(2019年10月4日)2020年10月6日閲覧。
  3. ^ a b VoiceJapan radio VJ 『子どもが安心して育つ場をつくる』ヨロンブス vol.18 ゲスト:小阪有花 - YouTube(2019年6月15日)2020年10月6日閲覧。
  4. ^ ミスマガTV 引退の真相!? ミスマガ2004グランプリ小阪有花が後輩に伝えたいこと! - YouTube(2019年10月11日)2020年10月6日閲覧。
  5. ^ アイドルニッポン公式YouTubeチャンネル 小阪由佳「恋旅」 - YouTube(2019年6月7日)2020年10月6日閲覧。