小高佐季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「佐季子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 小高佐季子 女流2級
名前 小高佐季子
生年月日 (2002-06-04) 2002年6月4日(15歳)
プロ入り年月日 2018年2月7日(15歳)
棋士番号 61
出身地 千葉県佐倉市
師匠 田丸昇九段
段位 女流2級
戦績
2018年2月8日現在

小高 佐季子(おだか さきこ、2002年6月4日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は61。千葉県佐倉市出身。田丸昇九段門下。千葉英和高等学校在学中(2018年4月 - )[1][2]

苗字の「高」は、いわゆる「はしごだか」である[3]

棋歴[編集]

女流3級になるまで[編集]

父と兄が将棋を指しているのを見て将棋を始める[4]

2014年、第39回小学生名人戦千葉県代表。2015年3月、関東研修会D1入会。2016年4月、第6期女流王座戦アマ東日本予選大会を勝ち抜き予選出場。第10期マイナビ女子オープンチャレンジマッチでも出場者決定トーナメントを勝ち抜き予選出場し、予選1回戦で渡辺弥生に勝利。2回戦では貞升南に敗れ本戦出場はならなかった。 2017年5月28日、関東研修会の5月第2例会で3連勝し、直近11局で9勝2敗となり、C1に昇級して「女流3級」となる権利を得た。資格申請を以て2017年6月20日付で女流3級となった[4]。これより2年以内に2級に昇級すると正式に女流棋士と認定される。

女流2級になるまで[編集]

2018年2月7日、女流名人戦予選準決勝で貞升南に勝ち、「女流名人戦予選決勝進出(女流1級への昇級条件)」とし、「『女流棋士昇段級規定』の女流1級に該当した場合」を満たして、同日付で女流2級に昇級し、正式な女流棋士となった[5][6]

女流プロ入り後[編集]

棋風[編集]

得意戦法は中飛車[4]

人物[編集]

  • 趣味は映画鑑賞[4]
  • 兄は2018年2月現在、所司和晴門下の奨励会三段。
  • 武富礼衣とは日頃から練習将棋を指すなど仲が良く、女流2級昇級が同日に同棋戦で決まり、対局後にカフェで祝福し合った[6]

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2015年3月 関東研修会入会(D1)
  • 2017年5月28日 関東研修会C1昇級
  • 2017年6月20日 女流3級(関東研修会C1昇級)
  • 2018年2月7日 女流2級(女流名人戦予選決勝進出 - 『女流棋士昇段級規定』の女流1級に該当した場合)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【王手報知】女子高生・武富礼衣、女子中学生・小高佐季子の親友2人が女流2級へ同時昇級”. スポーツ報知 (2018年2月19日). 2018年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月20日閲覧。
  2. ^ 新年度.*✿-女流棋士ブログ-(小高佐季子)” (日本語). 日本将棋連盟女流棋士会. 2018年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  3. ^ 東竜門〜関東若手棋士〜 @wakate_shogi (小高佐季子が担当)”. Twitter (2018年3月12日). 2018年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 小高佐季子研修会員が女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2017年6月21日). 2017年6月22日閲覧。
  5. ^ 小高佐季子女流3級が女流2級に”. 日本将棋連盟 (2018年2月7日). 2018年2月8日閲覧。
  6. ^ a b 高校3年と中学3年女流棋士が新たに誕生!終局後にカフェで祝福”. スポーツ報知 (2018年2月6日). 2018年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。

関連項目[編集]