小高根二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小高根 二郎(おだかね じろう、1911年3月10日 - 1990年4月14日)は、詩人、作家。

東京出身。東北帝国大学卒。会社勤務のかたわら、保田與重郎らの『コギト』同人となり、伊東静雄と親しかった。詩集を刊行。戦後は1956年、同人誌『果樹園』を創刊し主宰、伝記、企業小説などを書いた。

著書[編集]

  • 『はぐれたる春の日の歌 詩集』コギト発行所 1941
  • 『浜木綿の歌』小学館 1943
  • 『郷愁に愛と夢とを』臼井書房 1947
  • 『思春の記』臼井書房 1948
  • 『春の妖精 女学生叢書』臼井書房 1948
  • 『郷愁 第二詩集』白川書院 1953
  • 『詩人、その生涯と運命-書簡と作品から見た伊東静雄』新潮社 1965
    • 国文社 1976。「近代作家研究叢書78」日本図書センター 1990
  • 蓮田善明とその死』筑摩書房 1970。島津書房 1979
  • 『詩人 伊東静雄』新潮選書 1971
  • 棟方志功 その画魂の形成』新潮社 1973
  • 『湧然する棟方志功』新潮社 1974
  • 『歓喜する棟方志功』新潮社 1976
  • 『総務部長憤死す』日本経済新聞社 1978。徳間文庫 1989
  • 『再建腕くらべ』日本経済新聞社 1981。「会社再建腕くらべ」徳間文庫 1990
  • 吉井勇 英雄と歌人の黙契』沖積舎<作家論叢書> 1984
  • 『足穂入道と女色 小説集』雪華社 1985
  • 『歌の鬼 前川佐美雄』沖積舎<ちゅうせき叢書> 1987

編纂[編集]

  • 『伊東静雄全集』 全1巻、桑原武夫富士正晴共編 人文書院 1966、増訂版1980
  • 『蓮田善明全集』 全1巻、島津書房 1989

参考[編集]