尚思紹王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 尚思紹王
琉球国中山王
在位 1406年 - 1421年

全名 思紹
神号 君志真物
居城 佐敷城
出生 1354年
死去 1421年
埋葬 1421年
佐敷ようどれ
王世子 尚巴志王
子女 尚巴志
王家 第一尚氏
王朝 第一尚氏王統
父親 鮫川大主(伝承)
母親 大城按司の娘(伝承)
テンプレートを表示

尚 思紹王(しょう ししょうおう、1354年 - 1421年)は、琉球王国第一尚氏王統・初代国王(在位:1406年 - 1421年)。本名は思紹で、尚姓は後に送られたものである。もと山南(南山)国の佐敷按司。神号は君志真物(きみしまもの)。父は鮫川大主、母は大城按司の娘。

概要[編集]

1406年、嫡男・尚巴志は中山王・武寧を滅ぼし、永楽帝に使いを遣わして、父思紹を奉じて中山王とした。在位16年の間に明に30回の進貢をしている。また思紹の時代、永楽年間は動乱の時代でもあり、南山に勢力を伸ばし、1416年には北山を滅ぼし、琉球統一の動きをみた。

思紹夫妻らの墓所・佐敷ようどれは、航空自衛隊知念分屯地内にある。

系譜[編集]

  • 父:不詳。『中山世譜』に遺老伝(古老の言い伝え)として、父は鮫川大主との説を紹介している。
  • 母:不詳。大城按司の娘(同じく遺老伝)
  • 妹:馬天祝女
  • 妃:不詳。美里子の娘(同じく遺老伝)
    • 長男:尚巴志
    • 次男:美里大親
    • 三男:(伝承)平田大比屋(子孫は孫氏となる)
    • 四男:与那原大親
    • 五男:(伝承)手登根大比屋(五世孫からは淑氏となる)
    • 長女:佐敷祝女

参考文献[編集]

関連項目[編集]