尚温王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尚温王
琉球国王
在位 1795年 - 1802年

全名 尚温
名乗 朝克[1]
烏帽子親 向天廸・伊江親方朝慶[1][2]
出生 (1784-03-21) 1784年3月21日
死去 1802年8月8日(1802-08-08)(18歳)
埋葬 1802年
琉球国首里玉陵
王世子 尚成王
配偶者 佐敷按司加那志(号・仙徳)
子女 尚成
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚哲
母親 聞得大君加那志(号・徳沢)
テンプレートを表示

尚温王(しょうおんおう、1784年3月21日乾隆49年2月1日) - 1802年8月8日嘉慶7年7月11日))は、琉球王国第二尚氏王朝の第15代国王(在位:1795年 - 1802年)。童名は思五郎金(うみぐらぁがに または うみぐるぅがに)。

1798年国学(現沖縄県立首里高等学校)、平等学校を開く。

家族[編集]

  • 父 - 尚哲
  • 母 - 聞得大君加那志(号・徳沢)
  • 妃 - 佐敷按司加那志(号・仙徳。父は向氏浦添殿内十一世国頭親方朝慎)
  • 子女
    • 長男 - 尚成、中城王子

脚注[編集]

  1. ^ a b 王代記[リンク切れ]』、49ページ
  2. ^ 中山王府相卿伝職年譜 Archived 2011年10月9日, at the Wayback Machine.』、16ページ